コピーライティングを学ぶ前に、 身につけておきたい『文章力の基本』

%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc%e3%82%88%e3%82%8a%e3%82%82%e6%96%87%e7%ab%a0%e3%81%ae%e5%9f%ba%e6%9c%ac%e3%82%92%e7%a3%a8%e3%81%8f

1 テクニックよりもまずは基本!

ブログやメルマガなどを始めると、
文章をうまく書けるようになる為に、
コピーライティングを学ぼう!と、
考える人がいると思います。

 

読者の心を動かすテクニックを身につけ、
言葉を巧みに操れるようになりたい!と、
ブログを書く人なら誰もが思うでしょう。

でも、それ以前に、
『文章で自分の考えを
分かりやすく表現する』

という基本が出来ていないと、
コピーライティングというスキルが
活きる事はありません!

 

例えば、あなたが誰かのメルマガを
読んでいたとします。

そのメルマガが、おかしな日本語を
使っていたり、まどろっこしく
分かりにくい文章表現だったら、
どんなに素晴らしいメッセージが
書かれていたとしても、読む気がなくなって
しまうのではないでしょうか?

 

コピーライティング以前に、
何を伝えようとしているのか?
分からない人が、小手先のテクニックを
身につけても、意味がないですよね?

そんな文章を書く人から、
何かを得よう、何かを学ぼう
という気は起きないハズです。

 

2 基本は全ての軸になる!

情報発信に限らず、文章力の基本を
身につける事は、あらゆる文章を書く上で、
軸になります。

文章を書く目的は、
自分の伝えたいメッセージが、
相手に伝わる事。

これは、文章の形態に限らず、
全てに共通する事です。

 

ブログやメルマガ、SNSといった
情報発信だけでなく、企画書、
セールスレター、案内文、手紙、伝言
などでも同じです。

 

文章の形態に限らず、
全ての文章に通じる事だからこそ、
初心者だけでなく、
ブログ歴が長い人、
我流に走っている人こそ、
基本を大事にしてほしいですね。

 

文章力とは、自分が伝えたい
メッセージを明確にして、
読者が分かる言葉で、
的確に表現するスキルだと思います。

 

ブログやSNS、メルマガなどで
メッセージを発信する者として、
『文章力の基本』を身につけ、
『自分の考えを分かりやすく表現出来る』
ようになりましょう!

 

3 文章力の基本をどうやって身につけるのか?

一番良いのは、体系的にまとめられた、
優れたテキストを読みながら実践するのが、
最も効率が良いです。

 

世の中には、『文章の書き方』について
書かれた本や教材が沢山ありますが、
その中でも、文章を書く上での原理原則、
本質を押さえた上で、分かりやすく学べる本を
紹介したいと思います。

 

その本は、阿部紘久さんという方が書かれた
『文章力の基本』という本です。

 

阿部さんは、東大卒業後、
大手繊維会社に入社し、企画に携わる仕事や
国際ビジネスに関わる仕事をされていました。

いずれも文章力が問われたり、
的確な言語表現力が問われる環境に身を置き、
『実社会における、簡潔・明瞭な文章表現』を
テーマにして、仕事に取り組まれたようです。

 

このような実務経験から生まれたノウハウが、
相手に自分のメッセージを、
分かりやすく伝える技術です。

 

ビジネスの実務的なやり取りの中から生まれた
ノウハウなので、学者や小説家が解説する
文章力の本よりも、実践的で分かりやすい
内容だと思います。

 

『実社会における、簡潔・明瞭な文章表現』
という視点で解説されているので、
すぐに実践でき、楽しみながら、
文章力の基本について学ぶ事が出来ますよ。

 

この本を読み、日々の情報発信で
実践すれば、文章力の基本が身につき、
自分の考えを文章で分かりやすく表現出来る
ようになります!

 

 

4 文章力の基本の内容

1章 短く書く
2章 自然な正しい表現で書く
3章 言いたいことを明確にする
4章 分かりやすく書く
5章 簡潔に書く
6章 共感を呼ぶように書く
7章 表記とレイアウトにも心を配る

 

各章について、情報発信者の視点で、
簡単に要点をまとめてみました。

 

1章 短く書く

文章を書く時、どうしてもいろんな事を
伝えたいが為に、いろんな情報や感情を
盛りすぎて、長くなりがちです。

人は、一度にいろんな情報を与えられたら、
混乱します。

 

本当に伝えるべき事にフォーカスして、
主題から外れたものは、思い切って
削除しましょう!

また別の機会で、
切り口を変えて書けばよいのです。

 

いろんな情報を盛り込みたい背景には、
『俺はこんなに物知りなんだぞ〜』
『私はこんなに大変な経験をしたのよ』

など

本来、伝えるべきメッセージとは
関係ない、『自分を認めてほしい!』
という気持ちも表現したいんですよね。

 

人は誰しもそういう気持ちが
あると思います。

ただ、読者からしたら、
そこはどうでもいい事なので、
内容に価値を感じてもらって、
自己認知欲を満たしていきましょう!

 

1章では、伝えたいメッセージを
ハッキリさせた上で、
短く書くコツが、解説されています。

 

2章 自然な正しい表現で書く

話し言葉であれば、言い回しや
助詞の使い方が間違っていても、
身振り手振りやその場の雰囲気と
いった非言語コミュニケーションを
活用出来るので、なんとか自分の意思は
通じます。

でも書き言葉は、文字だけで
判断しなければいけないので、
誤った使い方をすると、
違和感を与える事があります。

 

例えば、
※『豪邸や世界旅行や高級車を買いまくる』
という文章

旅行を買いまくるって、
おかしな表現ですよね?

 

述語を共用するのは効率的ですが、
言葉に応じて、述語を使い分けないと、
変な日本語になってしまいます。

この場合だったら、
『豪邸や高級車を買いまくり、
世界旅行をする』

というのが、正しい表現です。

 

言葉に合わせて、適切な述語を使う必要が
あるんですね。

※例は『文章力の基本』から引用

 

指摘すれば分かるんですが、
こういった間違った表現をする事って、
意外に多いんですよね〜

無意識に書いてしまいがちです。

違和感を与える文章表現が積み重なる事で、
『この人の文章は分かりにくい!』と
評価されてしまいます。

 

特に情報発信の場合、ネットを使って
どこで誰が読むか分からないし、
一度『分かりにくい!』と判断されたら、
二度と読まれる事はありません。

だから、誰が読んでも理解出来る表現を使う
必要があるんですね。

 

2章では、書き言葉の正しい使い方について、
易しく解説されています。

 

3章 言いたいことを明確にする

調和を好む日本人は、
言いたい事をマイルドに表現する事によって、
穏便に事を進める傾向があります。

例えば、仕事で書類の提出に関して
改善を求められる時に、
『もう少し早めに提出してもらえると、
助かるかも?』
なんて言われる事があります。

『かも?』って最近よく使いますよね^^

 

言い切るのはちょっときついから、
マイルドな表現で、表情や雰囲気で、
『こうしてほしい!』という気持ちを
醸し出して、相手に改善を求めるような
言い回しをするんですよね。

日本人がよく使う婉曲表現です。

相手を傷つけない配慮なんですが、
これを書き言葉でやっても通じません!

 

婉曲表現っていうのは、言葉以外の表情や
雰囲気といった非言語コミュニケーションを
活用して成り立つのであって、
文章だけの書き言葉で、婉曲表現を
使いこなすのは難しいです。

 

文章では、自分が伝えたいメッセージを
明らかにして、ハッキリ述べる
必要があります。

 

伝えたいメッセージを整理して、
的確に表現するプロセスが、
3章で語られています。

 

4章 分かりやすく書く

ブログを読んでいて、
すぐに閉じたくなる文章の特徴は、
『何を言いたいのか?よく分からない文章』
です。

 

何を言いたいのか?よく分からないので、
何度も読み返し、こういう事を言いたい
のかなあ〜と頭を使いながら読む事で、
だんだん面倒くさくなって、
ブログを閉じてしまうのです。

これっ!すっごくもったいないですよね?

せっかく素晴らしいメッセージを
書いているかもしれないのに、
伝え方が下手なせいで、読者が読む
のをやめてしまう!

書き手も読み手も、
お互いにとって、機会損失です!

 

あなたのメッセージを必要としている人に、
メッセージが伝わるように、
分かりやすく書く事を心がけましょう!

 

4章では、分かりやすく書くコツを、
分かりやすく解説してくれます。

 

5章 簡潔に書く

伝えたいメッセージに
想いが強くなればなるほど、
文章がくどくなりがちです。

 

後から読み返すと、同じような意味の言葉を
重複したり、押し付けがましかったりする事が
よくありませんか?

また、自信がなかったり、
自分を着飾りたい気持ちが強いと、
それが文章に現れます。

言い逃れが出来る文言が追加されていたり、
無駄に自己アピールが強調された一文が
入っていたり。。。

思い当たる節はありませんか?

安心して下さい!
竹内もよくありますよ^_^

でも、これらは読者からしてみれば、
うっとうしいだけです。

 

自分の言いたい事を伝えるのが
情報発信の基本ですが、
読者視点に立って、変なプライドは捨てて
あなたのメッセージが、簡潔に伝わる表現
心がけましょう!

 

5章を読む事で、無意識に使っている
無駄な言葉を削る事によって、
自分の伝えたいメッセージが、スッキリ
伝わるのがよくわかると思います。

 

6章 共感を呼ぶように書く

人が文章を読んで共感する時の
特徴のひとつが、文章を通して、
書き手と読み手のイメージが共有された時です。

読み手は、そのイメージに感情移入して、
共感を覚えるんですよね。

 

例えば、ご自身のお孫さんを例に挙げて、
『門学』という統計学を、Facebookで
解説されている方がいます。

小難しく『門学』の理論を語るよりも、
お孫さんが育っていく日常を例に挙げて
『門学』を語る事で、スンナリ頭に入って
くるんですよね。

 

エピソードやストーリーが共感を呼びやすい
のは、具体的なイメージが書き手と読み手
の間で共有されるからです。

あなたのキャラクターや経験を通した
エピソードは、あなたにしか書く事が
出来ません!

それが独自性になり、あなただけのメッセージ
になるのです。

 

6章では、エピソードやストーリーで、
共感を与える文章の書き方が解説されています。

 

7章 表記とレイアウトにも心を配る

情報発信において、表記とレイアウトの
読みやすさっていうのは、かなり重要です。

 

句点がおかしなところで打たれていたら、
読みにくいですし、適切な改行がされずに、
ビッシリ詰まった文章を見たら、
一気に読む気が失せますよね?

表記とレイアウトにも気を配る事で、
あなたのメッセージの印象が
変わってきます。

 

7章では、句点とカッコの正しい使い方、
効果的な使い方、漢字や仮名の使い分け、
漢数字と算用数字の使い分け、
適切な行間や改行の仕方、
ノイズの少ない文書の作り方

などが解説されています。

ノイズの少ない文書の作り方は、
情報発信者の視点で捉えると、
ワードプレスやWebサイトで文章を
書く時に、すごく役立ちますよ。

 

5 最後に伝えたい事

このコンテンツを作るにあたり、
『文章力の基本』を読み返してみたら、
忘れてしまった事、実践出来ていない事が、
沢山ありました。

人間は忘れやすい生き物です!

いつも手元に置いて、定期的に読み返し、
実践する事で、文章力の基本を身につけて
いけるんだなっと、改めて感じました。

 

竹内は、『文章力の基本』を紛失したので、
2回買いましたよ^^

文章力の基本

 

ブログを書く
メルマガを書く
SNSで発信する

といった、自分の経験や知識を
情報発信する事は、
読者に新しい視点や気づきを
与えるわけですから、
『コトバで人の可能性を開く行為』
言えます。

 

コトバでより多くの人の可能性を開く為に、
『文章力の基本』を身につけ、
自分のメッセージを的確に表現出来る
ようになりましょう!

 

今後も、情報発信する上で、
役に立ちそうな本や教材、情報を、
紹介していきますね!

また、あなたからも、この本が役に立った!
この教材や情報が勉強になった!
というものがあれば、是非、情報共有
していきましょう!

 

文章力の基本の著者
阿部紘久さんは、文章の書き方に関する本を、
何冊も出版されています。

竹内が実際に読んだ本を紹介します!

 

文章力の基本の基本

『文章力の基本の基本』は
『文章力の基本』で、特に重要な部分だけを
ピックアップしたものです。

実践のワークも用意されていて、
クイズ感覚で楽しみながら学べますよ。

 

シンプルに書く!

文章が無駄に長くなってしまって、
自分が何を伝えたいのか?
分からなくなってしまう人にオススメです!

何を削って、何を書くべきか?
っていうのがよく分かると思います。

 

『文章力の基本』を読んで、
参考になれば、さらに勉強したらいいでしょう!

 

6 追伸

このサイトでは、『メッセージ』という
観点から情報発信を捉え、
あなたならではの『メッセージ』を
世界中に届け、自分の『メッセージ』で
人生を切り拓いていけるように、
役に立つ知識、ノウハウ、マインドを
お伝えしていきます!

 

情報発信で人生の可能性を広げたい!
と思う全ての人に、もっともっと
役立つようなコンテンツにする為に 、
足りない部分を加筆修正していこうと
考えています。

 

ゆくゆくは、情報発信における全ての問題が
解決出来る図書館のような存在にしていきたい
のです。

なので、今回のコンテンツを読んで、
ご感想やご相談、ご質問、ご意見、ご提案、
些細な事でも構わないので、何かお気づきの
事がありましたら、下記のアンケートフォーム
からコッソリ教えて下さい!

 

個別の返信は難しい時もありますが、
全てのメッセージを読ませていただきます。

また、こんなネタを取り上げてほしい!
というのもあれば、是非教えて下さいね!

あなたの一言で、
このWebサイトは作られていきます!
問い合わせフォーム

 

併せて読みたいコンテンツ
はじめに読んでおきたい!当サイトの目的

 

 

最後までご精読ありがとうございました^^

 

※メッセージクリエイター
竹内健

※メッセージクリエイターとは。。。

誰かのメッセージや情報に従うのではなく、
自分のメッセージで人生を切り拓いていける人

そして、自分のメッセージから価値を生み出し、
経済的にも自立し、多くの人に建設的な行動を
与えられる存在!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)