人生全てに通じる!ブログを書く時に意識したい3つの視点!

%e4%ba%ba%e7%94%9f%e5%85%a8%e3%81%a6%e3%81%ab%e9%80%9a%e3%81%98%e3%82%8b%ef%bc%81%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%92%e6%9b%b8%e3%81%8f%e6%99%82%e3%81%ab%e6%84%8f%e8%ad%98%e3%81%97%e3%81%9f%e3%81%843

 

今回はブログを書く時に意識したい
3つの視点!について語ろうと思います!

 

この3つの視点どれか一つでも欠けると、
一人よがりになったり、自分を見失います。

 

竹内は、自分が主宰する情報発信力を磨く
オンラインコミュニティを含め、
いくつかのビジネスコミュニティに
所属していて、今まで何百人という
情報発信者を見てきました。

 

何百人の中には、
この3つの視点が欠けていたばかりに、
自分のブログがシックリこなくなり、
フェードアウトしてしまった人が
たくさんいます。

 

逆を言えば、この3つの視点を常に意識して
精度を上げていけば、相手の反応もよくなるし、
自分も楽しいし、シックリくるブログが書ける
ようになります!

 

3つの視点は、ブログ以外でも、
相手に何かを伝える目的の文章すべてに
応用出来ますから、仕事や日常生活でも
活用してみて下さいね。

 

では前置きはこれくらいにして、
ブログを書く時に必要な3つの視点を
解説しましょう!

 

1 ブログを書く時に必要な3つの視点

(1)自分視点

(2)読者視点

(3)シックリくるか?

 

前振りの文章を読んで、あなたがイメージ
していたものと合っていますか?

もし、これ以外の視点をイメージされていたら、
問い合わせフォームからコッソリ教えて
くださいね^^

問い合わせフォーム

 

(1)自分視点

自分視点っていうのは、あなたの好きな事、
嫌いな事、許せない事、情熱を傾けられる事、
フツフツとわき上がる想いなど。。

完全に主観100%の視点です^^

 

人それぞれ経験や興味ある事、感性、
育ってきた環境、置かれている状況が違うので、
この主観100%の視点から、オリジナルの
メッセージが生まれるのです。

 

自分視点っていうのは、自分が思った事を
そのまま言語化した状態なので、
強いメッセージになります!

 

でも、これだけだと自分の感性だけで
言語化された状態なので、読者に伝わるか?
かなり怪しい状態ですwww

 

(2)読者視点

読者視点というのは、メッセージを伝えたい
読者が読んだら、どう思うか?という
相手の立場に立った視点ですね。

 

ブログは読者あってのものですから、
読者が内容を理解してくれないと、
何も始まらないわけです。。。

 

メッセージを伝えたい読者視点に立てば、
このコトバを使ったら誤解されそうだから、
もっと分かりやすいコトバに変換しよう

とか

こういう具体例を紹介したら、
理解してもらえやすくなるかな?

と考える事で、

自分視点だけのメッセージに比べ、
読者に伝わりやすくなります。

 

(3)シックリくるか?

自分のメッセージがシックリくるか?
というのは、何気に、一番大事なポイント
です。

 

自分の中でシックリくるメッセージは、
ナチュラルに自分の想いが表現されて、
読者にとっても、分かりやすい文章に
なっているハズです!

 

意外に文章って、自分の心の状態が
反映されます。

自信がない時は、自信のなさが、
文末に現れるんですよね。

言い切らなきゃいけない場面で、
『だと思います。。。』という
表現を使ったり、

突っ込まれた時に、逃げられるような
言い回しだったり・・・

 

自分の中でシックリこない事を
続けていても、遅かれ早かれ、違和感に
耐えられなくなり、やめてしまいます。

逆を言えば、シックリくる事しか
続けられないので、自分の感覚を大事に
して、ブログを書いていきましょう。

それがブログを長く続けるコツです。

 

では、この3つの視点を使って、
ブログを書く具体的なプロセスを
紹介しましょう!

 

2 実践例 自分視点

まずは自分の書きたい事を、
筆の赴くままにツラツラと書きます。

この段階の文章は、誰にも見せないので、
正しい日本語、きれいな日本語を使う必要は
ありません!

自分の伝えたい事をストレートに表現します。

 

自分が思った事を、そのまま言語化する事
によって、かなり爽快感が得られるハズです。

『スッキリした~』

と自己満足したところで、
次のステップに進みます。

 

3 実践例 読者視点

自分視点オンリーで書いた文章は、
読者が読んだらどう感じるだろう?
という読者視点がないので、
当然ひとりよがりなメッセージになります。

 

読者視点を持つには、まず、誰にこの
メッセージを届けたいか?
ターゲットを決めます。

 

具体的な人物を思い浮かべる事で、
その人が読んだらどう思うだろうか?と
自然に考えるので、読者視点が生まれます。

 

恋人や親友など、既読される事が確実な
相手に大事な事を文章で伝える時、

きちんと伝わるように、一語一語
ものすごく気を遣って書きませんか?

『こんな事を書いたら傷つくかな〜?』

『このニュアンス伝わるかなぁ~』

と何度も推敲した経験は、
誰でもあると思います。

 

誰かに向けて書く事で、
同じメッセージを伝えるのでも、
使うコトバが変わってくるし、
言い方も変わってきます。

 

(1)自分視点のパートで、自分が伝えたい
事を、筆の赴くままに書いたと思うので、
その文章を、ターゲットが読んでも分かる
ように、編集していきます。

 

例えば、『アフィリエイト』というコトバを
使う時も、ターゲットによっては、
注釈をつけてあげたり、違うコトバで
説明した方が分かりやすい事もあります。

 

ネットビジネスをあまり知らない人
だったら、アフィリエイト→
好きな人の商品やサービスを紹介する事

というように、ターゲットに合わせた
コトバに編集して伝える事で、
同じメッセージでも、伝わり方が
全く変わってきます。

 

誰にどう伝えるか?というターゲットを
設定する事が読者視点の肝なので、
ターゲット設定に関しては、また違う
コンテンツで徹底的に解説しますね^_^

 

4 実践例 シックリくる事

自分視点と読者視点を意識する事で、
読みやすく、あなたのメッセージ性が
表現されたブログになってきたと思います。

 

でも、その内容が自分がシックリくる事
じゃないと、なんか気持ち悪いし、
読者にもそれが伝わってしまいます。

 

このプロセスでは、まず、ブログを
書き上げたら、少し寝かせます。

できれば一晩寝かすのがいいですが、
数時間でもO.Kです。

 

数時間から一晩、記事を寝かせてから
読み返すと、だいぶ印象が違うハズです。

 

ブログを書いている時は、興奮して
熱くなったり、テンションが上がって
いるので、時間を置いて、フラットな
状態で読み返す必要があるのです。

 

フラットな状態で、自分が書いた記事を
読み返してみて、

『な~んか気持ち悪いなぁ~』

『自分のコトバじゃないみたい!』

など

違和感を感じたら、
修正する必要があります!

 

違和感を感じる原因は、
自分が伝えたいと思っていたメッセージが、
実は誰かのメッセージのコピーであったり、
自分の博識ぶりを認めてほしいだけの記事に
なっていたり。。。。

 

設定したターゲットが、
本当にメッセージを伝えたい
ターゲットではなかった。。。

 

だいたいこの辺りが原因だったりします。

 

自分がシックリこないメッセージを発信
していたら、あなたの事を知らない人が、
『どんなブログを書いているんですか?』
と聞いてこられた時に、
自信を持って答えられないですよね?

 

自分が発信しているメッセージに
シックリこない時は、
周りからどう見られるのか?という事を
一旦取っ払って、自分がブログを通じて、

何を伝えたいのか?

何を成し得たいのか?

という自分の本心と向き合う必要があります。

 

自分の本心と向き合い、ブログを通じて、

何を伝えたいのか?

何を成し得たいのか?

というのがハッキリしてくれば、
自然とシックリしたメッセージ
なっていきます。

 

ブログを書く時は、今回紹介した3つの
視点を意識して書く事で、あなたらしく、
分かりやすく、自分でも納得のいく
メッセージが表現出来るハズです!

 

実践してみて、詰まる事があれば、
お気軽に、下記の問い合わせフォームから
連絡して下さい!

問い合わせはこちら

 

また、この3つの視点は、
人生のあらゆる場面にも通じるものです。

この3つの視点を持って行動すれば、
迷いなく行動出来るハズです。

 

ビジネスだったら、読者視点を
お客さんと置き替える事が出来るし、
家族だったら、パートナーや子供、
親に置き替える事が出来ます。

 

情報発信と人生は通じる部分があるので、
是非、活かしてみて下さいね!

 

5 追伸 一人で情報発信をしていて不安に感じる方へ

いくら知識や情報を得ても、
一人でブログをやっていると、
不安や問題が生じるものです。

そんな時、仲間がいると心強いと
思いませんか?

 

情報発信の仲間が欲しい方は、
竹内が主宰する、情報発信力を磨く
オンラインコミュニティのご案内を
御覧ください。

情報発信の仲間が欲しい方へ

 

6 追伸の追伸

このサイトでは、『メッセージ』という
観点から情報発信を捉え、
あなたならではの『メッセージ』を
世界中に届け、自分の『メッセージ』で
人生を切り拓いていけるように、
役に立つ知識、ノウハウ、マインドを
お伝えしていきます!

 

情報発信で人生の可能性を広げたい!
と思う全ての人に、もっともっと
役立つようなコンテンツにする為に 、
足りない部分を加筆修正していこうと
考えています。

 

ゆくゆくは、情報発信における全ての問題が
解決出来る図書館のような存在にしていきたい
のです。

なので、今回のコンテンツを読んで、
ご感想やご相談、ご質問、ご意見、ご提案、
些細な事でも構わないので、何かお気づきの
事がありましたら、下記のアンケートフォーム
からコッソリ教えて下さい!

 

個別の返信は難しい時もありますが、
全てのメッセージを読ませていただきます。

また、こんなネタを取り上げてほしい!
というのもあれば、是非教えて下さいね!

 

あなたの一言で、
このWebサイトは作られていきます!
問い合わせフォーム

併せて読みたいコンテンツ
はじめに読んでおきたい!当サイトの目的

 

最後までご精読ありがとうございました^^

 

※メッセージクリエイター
竹内健

※メッセージクリエイターとは。。。

誰かのメッセージや情報に従うのではなく、
自分のメッセージで人生を切り拓いていける人

そして、自分のメッセージから価値を生み出し、
経済的にも自立し、多くの人に建設的な行動を
与えられる存在!

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)