すらすらブログが書ける3つのポイント

%e3%81%99%e3%82%89%e3%81%99%e3%82%89%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%81%8c%e6%9b%b8%e3%81%91%e3%82%8b3%e3%81%a4%e3%81%ae%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88

ブログに限らず、文章を書く時に、
あなたはこんな問題を感じた事はないですか?

 

1 書きながら何を伝えたいのか?
分からなくなってしまう。

2 書き始めたら当初想定していた事と、
全然違う話になってしまった!

3 記事を書き上げるのにすごく時間が
かかってしまう。
その割にはクオリティが低い。

4 書きながら伝え漏れた事はないかな?
と不安になり、無駄に何度も見直してしまう。
その割に、投稿した文章を後で読み返すと、
伝え漏れた事がある。

などなど

 

竹内もよく感じていました(笑)

 

でも、よくよく考えたら、頭の中だけで
イメージして書いているから、
自分が伝えたいメッセージを視覚化出来ず
不安になるんですよね。

 

文章を書く上で必要な事がチェック出来る!
基準みたいなものがあれば、
こんな不安もなくなるだろうし、
すらすらブレずにメッセージが
書けるんじゃないかな?

と思い、すらすらブログが書ける!
3つのポイントを作ってみました!

 

実際、この3つのポイントを使ってブログを
書いていると、伝えるべき事、読み手に
取ってほしい行動が明確になり、
メッセージがブレないんですよね。

迷う事なくすらすら書けるようになれます!

 

無駄な事も書かなくなったので、
書く時間も短縮されました!

という事で、当初は自分が書きやすい用に
作ったんですが、あなたにもこの3つの
ポイントは役に立つのではないか?と思い、
シェアしたいと思います!

 

ブログのみならず、メルマガやSNSでも
同じように使えますし、日々の仕事で、
指示や伝達する時、プレゼンなどにも
そのまま応用出来る内容です。

3つのポイントを活用して、
あなたのメッセージを多くの人に
届けてくださいね!

 

◯すらすらブログが書ける!3つのポイント

1  メッセージを伝えたい人を決める
(ターゲット)

2 記事を読んだ人がどうなってほしいか?
決める(ゴール)

3  ゴールを実現する為に、
必要な事を列挙する(ネタ)

 

1 メッセージを伝えたい人を決める
(ターゲット)

誰に伝えるか?考えずに、ただ漫然と自分が
言いたい事を書いても、独りよがりな
メッセージになってしまいます。

すでに圧倒的な影響力を持った人なら、
独りよがりなメッセージでも響く人がいる
と思いますが、それが出来るのは
ごく限られた人

 

誰にこのメッセージを伝えたいか?
記事単位で明確にしてから、文章を
書いていきましょう!

メッセージを伝えたい人たちを明確にする
事で、自然にターゲットに合わせた
コトバや言い回しを使うようになります。

 

自分視点と相手視点のバランスが良くなって
いくんですね。

誰かに向けてメッセージを書く事で、
文章に力が吹き込まれていきますよ!

 

2 記事を読んだ人がどうなってほしいか?
決める(ゴール)

あなたの文章を読んだ読者が、
最終的にどうなってほしいか?
ゴールを設定します。

 

例えば、英語のブログをしている人であれば、
今回の記事を読む事によって、
LとRの発音の違いを理解してもらう。
というゴール設定をする事で、
そのゴールを実現する為に、
何を伝える必要があるか?

というネタが自然に明確化
されていきます。

 

3 ゴールを実現する為に、
必要な事を列挙する(ネタ)

ゴールを実現する為に伝えるべき事を
リストアップしていきます。

一つ一つ書き出していく事で、
あなたが読者に伝えたい事が
見える化され、頭が整理されていくでしょう。

 

2のゴール(読者が取ってほしい行動)で
挙げた、英語のLとRの違いを理解してもらう!
を例に挙げると、

LとRの違いを理解してもらう!為に、
伝えるべき事は。。。

・LとRを間違いやすい実例

・Rの発音の特徴

・Lの発音の特徴

・LとRの明確な違いを比較

・LとRの違いを理解する必要性

・LとRの発音実践

・演習問題で理解度をチェック

 

などなど

 

英語の専門家ではないので、
思いついた事を挙げただけですが、
イメージとしては、こんな感じでしょうか。

中2の時に、英検4級の試験に落ちたレベル
の英語力なので、英語についてのツッコミは
なしね^_^

ははははは笑

 

さて、こうやって伝えるべき事を列挙していく
と、頭が整理されて、伝えるべき事、
必要ない事が明確になってきますよね。

また、長い文章の場合は、列挙した事が、
そのまま見出しにも使えそうですね。

そして、この伝えるべき事を、
どういう順番で伝えたら、
分かりやすく伝わるかな?
と考えるプロセスが、構成を考える事
なのです。

 

英語のLとRを例にとると、

いきなりLとRの違いを説明したら、
ポカーンとしてしまうと思うので、
最初に、LとRを間違えた事例を挙げて、
こんな間違いをして恥をかいた事ありませんか?
と、問題提起してから本題に入った方が、
理解しやすいですね。

 

文章の構成に関しては、
『4つの学習タイプ』
『PREP法』
『PASONAの法則』

など

人の思考や感情に沿った読まれやすい
文章の型があります。

構成に関してのコンテンツは、また別の機会に
ガッツリ解説するので、今回は、スラスラ文章
を書く、一通の流れ
をイメージ出来るように
なりましょう。

 

◯文章が一通り書けたら、
この2点をチェック

1  メッセージを伝えたい人を決める
(ターゲット)

2 記事を読んだ人がどうなってほしいか?
決める(ゴール)

3  ゴールを実現する為に、
必要な事を列挙する(ネタ)

 

この3つのステップを経て、記事の構成を
考えたら、構成に従って一通り書いて
いきます。

 

文章が一通り書けたら少し時間を置いて、

1 メッセージの主旨が伝わるか?

2 ターゲットが分かるコトバになっているか?

この2点をチェックして完了!

 

文章を書いている時は、どうしてもその時の
心情が反映されるので、時間を置いてチェック
してみると、客観的な視点で振り返る事が
出来ます。

竹内も、記事を書く時は
少し時間を置いて振り返ります。

記事を書いている時は、ノリに乗って、
『いい事書いてるなぁ〜』と自画自賛
しながら書いていても、

後で振り返ると、
『メッチャ独りよがりだなぁ〜』
と赤面する事がよくありますよ^^

だから少し時間を置いてチェックする必要が
あるんですよね。

 

また、チェックする時は、
音読すると良いです。

声に出す事で、変な言い回しや文末表現、
誤字脱字に気付きやすくなります。

 

チェックする時は、出来れば場所も
変えた方がいいですね。

自宅からカフェとか
リビングから寝室

場所を変えられなかったら、
同じ部屋でもちょっと移動してみるとか、
反対に座ってみるだけでもずいぶん違います。

 

脳科学的にも、少し時間を置いたり、
場所を変える事で、新しいアイディアが
生まれたり、フラットな感覚になりやすいと
言われています。

 

1 メッセージの主旨が伝わるか?

っていうのは、伝えたいメッセージが
ブレずに述べられているか?
チェックします。

 

2 ターゲットが分かるコトバになっているか?

ターゲットが理解しにくいコトバがあれば、
そのターゲットがしっくりきそうなコトバに
変換する必要があります。

 

 

まとめ

すらすらブログを書く流れを
時系列でまとめると、

 

1  メッセージを伝えたい人(ターゲット)
を決める

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

2 記事を読んだ人(ターゲット)が
どうなってほしいか?決める

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3  ゴールを実現する為に、
必要な事を列挙する(ネタ)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

4 構成を考えて一通り文章を書く

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

5 時間を置いて、メッセージの主旨と
ターゲットが分かるコトバになっているか?
チェックして、いっちょあがり!

 

こんな流れですね。

 

以上のプロセスを踏んで文章を書けば、
伝えたいメッセージが明確になって、
読者に伝えるべき事を漏れなく伝える事が
出来るようになります。

 

文章書くのにすっごく時間がかかる割には、
イマイチ読み手に伝わらない!

とか

どうメッセージを伝えていいか?
思考錯誤している場合は、
是非、この流れを活用してみて下さい!

 

追伸と大事なお知らせ

このサイトでは、『メッセージ』という
観点から情報発信を捉え、
あなたならではの『メッセージ』を
世界中に届け、自分の『メッセージ』で
人生を切り拓いていけるように、
役に立つ知識、ノウハウ、マインドを
お伝えしています!

 

メッセージ発信で人生の可能性を広げたい!
と思う全ての人に、もっともっと
役立つようなコンテンツを作る為に 、
足りない部分を加筆修正したり、
もっと分かりやすくしていきたい!
と考えています。

 

ゆくゆくは、メッセージ発信における
全ての問題が
解決出来る図書館のような
存在にしていきたいのです。

なので、今回のコンテンツを読んで、
ご感想やご相談、ご質問、ご意見、ご提案、
些細な事でも構わないので、何かお気づきな
点がありましたら、下記の問い合わせフォーム
からコッソリ教えて下さい!

 

個別の返信は難しい時もありますが、
全てのメッセージを読ませていただきます。

また、こんなネタを取り上げてほしい!
というのもあれば、是非教えて下さいね!

あなたの一言で、
このWebサイトは作られていきます!
問い合わせフォーム

 

また、いくら知識や情報を得ても、
一人でメッセージ発信をやっていると、
不安や問題が生じるものです。

そんな時、仲間がいると心強いと
思いませんか?

メッセージ発信の仲間が欲しい方は、
竹内が主宰する、メッセージ発信力を磨き、
人生の可能性を広げるオンラインコミュニティ
のご案内を御覧ください。

メッセージ発信の仲間が欲しい方へ

最後までご精読ありがとうございました^^

 

このコンテンツの著作権は、
竹内健にあります。

相談してもらえれば、基本的には
引用、転載はO.Kです。

引用、転載のご相談は、下記のフォームから
お願いします。
問い合わせフォーム

無断引用、転載は厳禁!

オフィス メッセージクリエイト代表
竹内健

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)