メッセージの作り方 メッセージの広げ方 メッセージを仕組み化する

忙しくてもブログ更新を習慣化するブログ術

%e5%bf%99%e3%81%97%e3%81%84%e4%ba%ba%e3%81%a7%e3%82%82%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e6%9b%b4%e6%96%b0%e3%81%8c%e7%bf%92%e6%85%a3%e5%8c%96%e5%87%ba%e6%9d%a5%e3%82%8b%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e8%a1%93

メッセージ発信(情報発信)の重要性や
可能性は理解していても、仕事や家事育児で
忙しくて、なかなかブログを更新出来ない!

そんな人も多いと思います。

 

朝から慌ただしく家事育児をこなし、
昼間も忙しなく働き、夜遅く帰ってきて、
ごはんを食べたらバタンキュー

『とてもじゃないけど、毎日ブログの
更新なんて出来ない!』

 

そんな状態に追い討ちをかける
コンサルタントの一言

『毎日ブログは絶対に更新しろ!』

『1日3回!』

『ブログを更新してないなんて、
ネットに存在しないも同然』

『俺は会社員時代、どんなに忙しくても、
毎日ブログを更新していた』

『忙しいなんて言い訳だ!』

と、今だに根性論を押しつける
コンサルタントも多いですよね。

 

じゃあ、その忙しい状況で、
どうやって毎日ブログを更新したんですか?
と聞けば、

『ブログを最優先に考えれば出来る!』

『生活すべてをネタに考えろ!』

と、これまた根性論

 

根性論ではなく、具体的にどういうプロセス
踏めば、定期的に更新出来るのか?

竹内が3年間実践していた方法
2年3年と安定的にブログを更新している
ブロガーの実例を基に解説していきたい
と思います。

 

今回のコンテンツも、ブログだけでなく、
メルマガ、セールスレター、
プレゼン資料の作成、論文など。。
文章全般に応用出来るので、
そういった視点で読んでもらうと、
より理解が広がると思います。

0 本当に毎日ブログを更新する必要があるのか?

そう疑問に感じる人も多いと思います。

竹内が今までブログを3年やってきた経験、
いろんなブロガーを見てきて思うのは、
更新は、必ずしも毎日でなくてもいい
という事です。

毎日更新するにこした事はないですが、
毎日更新する事に執着するあまり、
気が乗らない状態で書いても、
自分も読者もシックリこないと思います。

シックリこない記事が自分のブログに
存在するのは気持ち悪いし、時間がない中で
毎日更新する事によって、記事のクオリティが
下がる、やっつけ仕事になってしまうのなら、
無理して毎日更新する必要はないです。

 

ただ、特に初めの頃は、自分の存在を知って
もらう為に、定期的に更新する必要
あります。

定期的というのは、週2回くらいは
必要ですね。

 

最初にメッセージを広げる上で、
一番大事なポイントは、
定期的にメッセージを発信する事!

どんなにいいメッセージを発信していても、
更新が不定期だと、固定ファンがつきにくい
からです。

定期的に発信する事で、徐々にあなたの
メッセージに興味を持ちそうな人との
接点が増えるので、内容が良ければ
固定ファンがつきやすくなります。

 

竹内も前職の配送業をしていた時、
忙しいながらも、空き時間を使って、
毎日Facebookやアメブロで、
メッセージ発信(情報発信)していました。

今思えば稚拙なメッセージでした。

でも、そうやってコツコツ毎日メッセージを
発信していたからこそ、竹内のメッセージに
興味を持っていただき、今、こうして
公式サイトやメルマガを読んでくださったり、
竹内が主宰するメッセージ発信(情報発信)の
コミュニティに参加される方もいらっしゃったり、
今の活動に繋がっているんだと思います。

 

あなたのメッセージに触れる機会が
増えれば増えるほど、友達や読者は、
あなたに興味を示します^^

例えば、あなたがある人と
仲良くなりたいなぁ〜と思ったとします。

Facebookでその人の投稿が
ニュースフィードによく登場し、内容も
よければ、ドンドン気になる存在になって、
もっとこの人の事が知りたい!っという
気持ちが強くなりませんか?

これは心理学でいう単純接触効果と言って、
学術的にも認められた人間の心理です。

 

特にSNSは、この単純接触効果を
増長させる構造になっています。

ご自身のタイムラインの投稿に、
いいね!やコメントをしてくれる人には、
あなたの投稿がよく表示されて、
あまり接点がない人には、あなたの投稿が
表示されにくくなる構造になっているん
ですよね。

 

親しい人とより親しく!
親しくない人とは疎遠になる!

価値感の合う人とだけ繋がれる状態に、
SNS側が気を利かしてくれるんです!

定期的にメッセージを発信する事は、
あなたのメッセージに共感してもらえる
可能性のある人に、あなたの存在を認知して
もらう為に必要な事なんですね。

 

毎日でなくてもいいので、特に最初は、
ブログを定期的に更新する必要が
ご理解いただけたでしょうか?

ご理解いただけたら、定期的にブログを更新
する10のポイントを解説していきたいと
思います。

 

1 ブログをやる目的を思い出す

好きな事、ワクワクするネタなら、
時間がかかっても続けられるハズ。

逆を言えば、好きな事、ワクワクする事で
なければ、ブログを書く事がやっつけ仕事に
なってしまい、アクセスが集まらない、
収益に繋がらないといった問題に
つまずいたら、たちどころにモチベーション
が落ちてしまいます。

 

ブログを始めようと思った時の気持ちって、
ワクワクした感情があったと思います。

もし、ワクワクした感情ではなく、
お金だけの目的であれば、
目的を考え直した方がいいでしょう。

 

成功している人の刷り込みや誰かの受け売り
ではなく、自分のハートでブログの目的を
決める事で、忙しくても続けよう!という
意志が生まれます。

 

ブログの目的が不明確な場合は、
こちらのコンテンツを参考にしてもらえれば
と思います。

ブログのテーマを決める前に、まずはビジョンを明確にしよう!

 

2 更新する日を公言する

例えば、週3回 月、木、日の21時にブログを
投稿する!って感じで決めて、公言して
しまえばいいのです。

公言した以上、公言通りに更新しないと
恥ずかしいですよね?

週3回の投稿に合わせて、自然に
タイムマネージメントを考えるように
なりますよ。

 

昔、竹内もこれと同じような事を、
アメブロでやっていました。

当時、ブログの方向性がまだ定まって
いなかった時、早起きをネタにして、
毎朝ブログを更新します!
と宣言しました。

宣言してしまった以上、途中で更新が途絶えて
しまうのは恥ずかしいので、自然に毎朝の
投稿に合わせて、普段からネタを考えるように
なりました。

ネタを考えよう!と特に意識しているわけ
ではないのに、自然に考えてしまうんですよ。

やっぱり、目の前のやるべき事がハッキリ
していると、自然にそのやるべき事に
フォーカスしてしまうんですね。

 

朝の投稿に合わせて、前日までにネタを
仕込んで、一番頭が冴えている朝に、早起きを
して書く習慣が出来上がったのです。

それまで何をやっても続かなかったんですが、
公言してから毎朝ブログを書けるように
なりましたからね。

 

ブログ更新の習慣化の第一歩として、
ご自身が続けられそうな頻度の更新
公言してみてはどうでしょうか?

公言する記事を書く事で、
1つ記事が増えますね^^

 

3 集中して書ける環境を作る

文章を書く時って、集中出来る環境かどうかで、
能率がだいぶ変わってきます。

自分の場合は、静かな場所でしか集中出来ない
ので、図書館か自宅が一番集中できますね。

カフェやコアワーキングスペースなど、
人が話していたり、動きがある場所だと、
全然集中出来ないんですよ。

これは、人それぞれ集中出来る環境が
違うので、ご自身が一番集中出来る環境で
やられるのが良いと思います。

 

また、集中出来る時間帯も、人それぞれ仕事や
家庭の事情、体調によって違うと思うので、
自分のライフスタイルに合わせて、
取り組んだら良いでしょう。

ご自身のスタイルに合わせて、
集中出来る場所、時間、体調を
整える事で能率が飛躍的に上がります。

 

4 記事作成の過程を細分化して仕事を進める

何事もそうですが、一気にやろうとすると
大変なので、一つ一つ細分化して物事に
取り組むと、とっつきやすく、無理なく
仕事を進められます。

ブログで言えば、

1 テーマ設定
2 メッセージを届けたい人を決める
3 構成を考える
4 構成に沿って一通り書く
5 推敲

こんな感じで、ブログを書く工程を
分割して進めていきます。

 

分割する事で、取り組むハードルが低くなる
ので、あなたが取り掛かりやすいレベルまで
仕事を分割してみてください。

例えば、4 構成に沿って一通り書くというのが、
まだ取り掛かりずらかったら、
『画像の選定』っていうパートを分割して
設けてもいいですね。

ブログのイメージに合う画像を使うのは、
今は当たり前の事なので、最小単位に
分割すれば、より取り組みやすくなります

 

記事作成の過程は、こちらのコンテンツも
参考になると思います。

すらすらブログが書ける3つのポイント

 

5 スラスラ書けた時の状況を記録しておく

自分がどんなテーマで、どんなネタの時に、
そして、どんな状況の時だと、記事が
書きやすいのか?記録しておく事で、
自分の得意パターンを認識出来ます。

得意パターンが認識出来れば、
あとは、出来るだけその得意パターンに
沿って書くと、書きやすくなります。

竹内の場合は、笑いを交えたネタや
実際に体験した面白い出来事をネタにして
書く時が、一番筆が進みます^^

 

時系列のストーリーで書いた方が書きやすい
人もいるでしょうし、

最初に結論を掲げて、理由を書いた方が
書きやすい人もいるし、

はたまた、ネタが突然フッと降りてきて、
勢いで書いた方が書きやすい人も
いるでしょう。

 

どれがいい悪いはないので、まずは、
自分が気持ち良くスラスラと
書ける得意パターンを認識する事が
大事です。

 

6 型を意識する

特にブログ更新や文章を書く事に慣れてない
段階では、『型』に沿って書くと
書きやすいです。

ブログを書く上で習得しておきたい型は、
以下の3つですね。
(1) PREP法
(2)4つの学習タイプ『なぜ?何?どうやって?今すぐ!』
(3)ストーリー

 

PREP法とは。。。

「P」= POINT 結論(自分が伝えたいメッセージ)

「R」= REASON 理由(なぜその結論なのかを説明)

「E」= EXAMPLE 具体例(理由を実証する実例)

「P」= POINT まとめ(話をまとめて、再度メッセージを伝える)

上記の順番でメッセージを伝える事で、
メッセージに説得力を与える文章法です。

伝えたいメッセージがハッキリしている人
には、シンプルで取り組みやすい型ですね。

 

4つの学習タイプ『なぜ?何?どうやって?今すぐ!』とは。。。

人は物事を理解するプロセスで、4つの
タイプに分かれていると言われています。

英語を勉強する例で解説してみましょう。

 

なぜ?タイプ
なぜ英語を勉強する必要があるのか?
という目的がハッキリしないと、
勉強に手がつかないタイプです。

 

何?タイプ
英語を勉強すると、具体的に
どんなメリットがあるのか?
っと、理屈を知りたがるタイプです。

TOEICで800点以上取ると、
外資系の会社の就職率がこんなに上がる!
など

データで示すと納得して行動しやすい
傾向があります。

 

どうやって?
英語が習得出来る方法を、
具体的に知りたがるタイプですね。

具体的な方法が示されていると、
安心して取り組めるタイプといえます。

 

今すぐ!
英語を習得するのに、今何をすれば、
いいのか?すぐに何かを始めなければ、
不安になるタイプですね。

 

人はこの4つのタイプのいずれか、
もしくは、複数のタイプに重複
しているので、上記4つのタイプを
網羅して書くと、万人に理解しやすく、
行動しやすくなります。

 

4つの学習タイプを意識して
文章を書く時は。。

英語の例でいくと、

1 なぜ?英語を学ぶ理由
2 何?理由を実証
3 どうやって 英語を学ぶ具体的なプロセス
4 今すぐ! とりあえず今やる事

簡単に書くと、こんなプロセスです。

 

PREP法と被る部分があるので、
まずはPREP法を習得してから、
4つの学習タイプにトライすると、
ストーリー性も出て、より読者に説得力、
行動を与えるメッセージになるでしょう。

 

ストーリーとは。。。
別に型ってほどでもないんですが、
人ってストーリー性のある文章だと、
長い文章でもズンズン読めてしまいますよね?

小説なんていい例ですね。

実際に体験した出来事をネタにする時は、
時系列で面白おかしく書いたり、
ドラマっぽくストーリーを進める事で、
読者の心を掴みやすくなります

 

ストーリーは、実際に起きた事を、
時系列に書いていくので、書きやすいし、
面白おかしく書いたり、ドラマっぽい演出を
加える事で、書き手も楽しめながら書ける
メリットがありますよ。

ちなみに下記の竹内のブログ記事は、
ストーリーを面白おかしく演出して書いている例です。
★九州男児の不器用な恋の物語 衝撃の展開へ!?★ 

 

また、ストーリー仕立てで、続きものにして
ブログを更新していくと、先が気になるし、
ネタ的にも書きやすいです。

タイトルは忘れちゃったんですが、
女の子にモテる方法を紹介している
とあるブログでは、

自分が元々モテなかった時代から、
一つ一つスキルやマインドを身につけて、
モテるようになった過程を、1記事1テーマで
書いて、サスセスストーリーぽく
更新していました。

毎記事、ストーリーに合わせて、
チョットしたワンポイントスキルを
紹介しているので、読者も気軽に読めるし、
書き手も楽しみながら書いているのが
伝わってきましたよ。

 

(1) PREP法
(2)4つの学習タイプ『なぜ?何?どうやって?今すぐ!』
(3)ストーリー

これらの書き方の詳細については、
それぞれ解説すると長いので、
またコンテンツを作りますね。

型を身につけて、文章を書く事に
慣れてきたら、
5 スラスラ書けた時の状況を記録しておく
と掛け合わせる事で、オリジナルの型も
生まれてきますよ。

 

7 ネタを常に記録しておく

ネタを忘れないうちにメモしておくと、
アイディアが色褪せる事はありません。

自分の場合は、iPhoneのメモ機能を使って、
Macにも同期させているので、
ひらめいたら、iPhoneのメモにネタを
記録しておいて、後でMacで記事を書く
っていうのをよくやっています。

 

ノウハウ提供型のブログであれば、
自分が提供できる(提供したい)
ノウハウ一覧を列挙してみるとよいですね。
(実践、勉強を続ける意志があれば、まだ
身につけていないネタもO.K)

それらを、それぞれ1つの記事に
1つ紹介して、数珠つなぎ的に書いていけば、
ネタに困る事なく、ポンポン記事を
量産できます。

 

また、いま学んでいる事をアウトプットする
事で、理解が深まるので、学びの過程を
ネタにする!っていうのも出来ますね。

コピーライティングの勉強をしているん
だったら、コピーライティングをネタに
してもいいし。

ワードプレスの作り方を学んでいるんだったら、
ワードプレスの作り方でもいいし。

 

学びの過程を記事にする事で、
実績があったり、知識量が豊富な人では
書けない、より読者視点に立った記事が
書けるので、それはそれで、大きな価値提供
なるでしょう。

 

8 好きな人、尊敬できる人のブログを読んで勉強

あなたが発信するブログテーマと、親和性が
あるテーマで発信している人で、好きな人や
尊敬出来る人のブログを読む事で、
勉強にもなるし、自分もこの人のような
面白いコンテンツを作りたい!
という憧れが生まれます。

そういった憧れは、大きなモチベーションにも
なるし、新しい視点やアイディアにも繋がります

 

9 読者と交流する

ブログを運営していく上で、一番の楽しみは、
読者との交流です。

自分のブログがキッカケで、知識や情報を
得てもらったり、建設的な行動を与える
キッカケになったり、共感を与えられたら、
嬉しいですよね?

さらに、ブログがキッカケで、仕事に
繋がったり、自分が提供するサービスや商品が
売れたら、もっと嬉しいですよね?

コメントやメッセージで、そういった声が
あれば、積極的に交流していきましょう。

 

交流する事で、読者の事をもっと知る事が
出来、よりニーズに合った情報やメッセージを
発信し、さらなる価値提供や仕事に繋がるのです。

 

読者からの反応は、最大のモチベーション
なりますから、マメに交流していきたいですね。

 

10 完璧を目指さない

完璧な記事に仕上げなくては!と、
必要以上に完璧主義になってしまうと、
なかなか更新が進みません。

今、どんなに完璧に仕上げたとしても、
1年後に読み返してみたら、
きっと直したくなるハズです。

なので、自分の中で納期を決めて、
その納期内で最高のものを作ろう!
と集中するのが良いと思います。

 

ブログのいいところは、
後からいくらでも編集出来る事。

更新してから、時間の空いた時に
読み返してみて、『この項目を追記したい』
『ここの表現をもっとマイルドにしたい』
っていうのがあれば、編集して、
完璧に近づけていけばよいのです。

竹内もよくやってますよ^^

 

今の視点で編集したら、元記事とはまた
チョット違うテイストに仕上がる事も
あるので、そういう時は、シレッと
最新記事として投稿しますww

過去記事の再利用も出来ますね。

 

最後に

ここまで、ブログ更新を習慣化する
10のポイントを、具体的なテクニック、
マインド的なものも含め、お伝えしましたが、
どうだったでしょうか?

 

0 本当に毎日ブログを更新する必要があるの?
1 ブログをやる目的を思い出す
2 更新する日を公言する
3 集中して書ける環境を作る
4 記事作成の過程を細分化して仕事を進める
5 スラスラ書けた時の状況を記録しておく
6 型を意識する
7 ネタを常に記録しておく
8 好きな人、尊敬出来る人のブログを読んで勉強
9 読者と交流する
10 完璧を目指さない

 

これらのポイントの中で、あなたが
シックリきたものがあれば、是非、
今日から実践してみてください!

この広い世界には、あなたの情報や経験、
そして、『メッセージ』を必要としている人が
必ずいます。

あなたのメッセージを必要としている、
出来るだけ多くの人にメッセージを届け、
その人たちの可能性を開く為にも、
ブログを定期的に更新してもらえればと
思います。

 

いくら知識や情報を得ても、
一人でメッセージ発信や情報ビジネスに
取り組んでいると、不安や問題が
生じるものです。

そんな時、仲間がいると心強いと
思いませんか?

メッセージ発信の仲間が欲しい方は、
竹内が主宰する、メッセージ発信力を磨き、
人生の可能性を広げるオンラインコミュニティ
のご案内を御案内を御覧ください!

メッセージ発信の仲間が欲しい方へ

 

このサイトでは、『メッセージ』という
観点から情報発信を捉え、
あなたならではの『メッセージ』を
世界中に届け、自分の『メッセージ』で
人生を切り拓いていけるように、
役に立つ知識、ノウハウ、マインドを
お伝えしています!

 

メッセージ発信で人生の可能性を広げたい!
と思う全ての人に、もっともっと
役立つようなコンテンツを作る為に 、
足りない部分を加筆修正したり、
もっと分かりやすくしていきたい!
と考えています。

 

ゆくゆくは、メッセージ発信における
全ての問題が
解決出来る図書館のような
存在にしていきたいのです。

なので、今回のコンテンツを読んで、
ご感想やご相談、ご質問、ご意見、ご提案、
些細な事でも構わないので、何かお気づきな
点がありましたら、下記の問い合わせフォーム
からコッソリ教えて下さい!

個別の返信は難しい時もありますが、
全てのメッセージを読ませていただきます。

また、こんなネタを取り上げてほしい!
というのもあれば、是非教えて下さいね!

あなたの一言で、
このWebサイトは作られていきます!
問い合わせフォーム

 

最後まで御覧頂き、ありがとうございました^^

このコンテンツの著作権は、
竹内健にあります。

相談してもらえれば、基本的には
引用、転載はO.Kです。

引用、転載のご相談は、下記のフォームから
お願いします。
問い合わせフォーム

無断引用、転載は厳禁!

オフィス メッセージクリエイト代表
竹内健

-メッセージの作り方, メッセージの広げ方, メッセージを仕組み化する