オンライン登山 北八ヶ岳(縞枯山、雨池峠、茶臼山)編

新雪の中を歩く

各地で桜が咲き、春爛漫の陽気ですが、
山はまだまだ「冬」

今回のオンライン登山は、3/21.22に登った、
北八ヶ岳 (縞枯山、雨池峠、茶臼山)の
様子をお送りします。

写真や文章を通して、非日常の雪山を
読者の方と共有出来ればと思います。

今回は写真だけでなく、苦しい時の
心の持ち方や山に登る目的
少し書いてみました。

 

オンライン登山とは。。。

オンライン上で登山行程を再現し、
読者の方と登山体験を共有すること。

登山を追体験する事によって、
山に登る人、登らない人(登れない人)も、
大自然の魅力を感じてもらうのが目的

 

車中から撮る

3/21 20:28 麦草峠冬季通行止めゲートに到着。

冬季全面通行止め

冬季通行止めで、麦草峠の登山口まで車で
行けないので、通行止めゲートから登山口まで
6kmほどの行程を歩くしかありません。

翌日が平日という事もあり、
周辺に駐車している車はない。

21日は雪が降っていたので、
足跡のない新雪の上を歩けそうだ。

でも雪が多かったら、ラッセル
(雪の中をかき分けて進む事)する羽目になる。

体力勝負になりそうなので、
車中でしばらく仮眠。

3時に起き、準備をして3:35出発

麦草峠から見た月

通行止めの看板から登山口まで、
実際の距離以上に長くかかった気がします。緩やかな登りが延々と続くイメージ

麦草峠までの登り
通行止め箇所から登山口まで6km
平地の6kmだったら1時間半で着くけど、
緩やかな登りで雪道だと2時間くらい
かかります。

冷静に考えれば分かる事だけど、
延々と歩き続け、苦しくなってくると、
あのカーブを曲がったら登山口が見えるに
違いない!っと、都合よく考えてしまうものです。

枝が登山口の標識に見える幻覚も現れたり(笑)

そしてカーブを曲がっても登山口が見えないと、
「まだかよっ」
「いつになったら登山口に着くんだよ!」
っとイラだつのです。

登山あるある^_^

 

時々、状況判断を誤って、遭難する人がいます。
「あんな近くに山頂が見えるんだから、もうすぐだ!」
っと、陽が暮れかけているのに、天気が崩れかけて
いるのに、バイアスがかかっちゃうと、冷静な思考が
減退し、自分が見たい現実だけしか見えなくなり、
痛い目見るんでしょうね。

こういう自分にとって都合のいい事しか
見えなくなる状態を、心理学的には「確証バイアス」
と呼ぶらしいです。

 

登山って、目標(山頂)がハッキリ見えている分、
目標(山頂)を諦めきれず、「確証バイアス」が
起こりやすいのかな?

長い登りを歩きながら、ふっと、自分が
「確証バイアス」に陥っている事に気づきました。

確証バイアスに陥っている事に気づいたら、
ずいぶん楽になりました。頭を切り替えて、
登山後にどこの温泉に寄ろうかな?とか
山頂からどんな写真が撮れるかな?
など。。

楽しい妄想をしていたら、
あっという間に登山口到着!

もうちょい妄想したかった(笑)

 

出逢いの辻 登山口

結局、登山口に着いたのは、2時間近く経った
5:31

少し休み、心機一転、登山口から樹林帯を歩くと、
山に来た!って感じでテンションが上がり
足取りが軽くなる。

 

樹林帯から山を望むフカフカの新雪の上を歩くのはやっぱり気持ちいい^_^
もともとトーレス(踏み跡)がしっかりあるせいか、
ふかふかの雪が積もっても歩きやすかったです。

前方の山はまだ雪が降ってそうですね。

 

出逢いの辻

 

薄い朝焼け朝はガスってたので、日の出は見えなかったが、
時折ガスが晴れ、うっすらとした青空が見える。

 

雪に埋もれる階段雪に埋もれた標識

 

雪に埋もれる休憩所

ガッツリ積もってますねぇ~
時折、膝までズッポリ沈むのも無理はない。

 

氷麗

樹林帯を歩く森の中を歩く

 

雪原森を抜けると雪原が。。。

まだ誰も歩いていない一番乗りだ!

ひゃっほー ♫
雲が多い朝の雪原は、どこか幻想的。

 

寒々しい様子

 

縞枯山右に目をやると、これから登る縞枯山(しまかれやま)が。。。

 

三つ岳分岐正面を見ると、北横岳の手前にある三ツ岳分岐が
見える。 北横岳はまだ雪が降っている様子。

 

信長の家臣

 

キツツキ7:50 北横岳ロープウェイ山頂駅着
ロープウェイに乗らないくせに、
ロッジでしばらく休むww

1時間以上の休憩を挟み、
まだ誰の足跡がない雪原を最初に歩くのは、
爽快ダァ〜

新雪の中を歩く

自分が歩いてきた足跡を振り返って。。
一歩一歩は小さいけども、積み重なると道になる。。

何か人生と通じるなぁ〜

 

北東から縞枯山を望む縞枯山荘(しまかれさんそう)に向かう道程で、
だいぶ晴れてきました。
青空を見るとテンション上がる~⤴︎

 

北東から縞枯山を望む2

縞枯山を北東から望む

北東から縞枯山を望む3

 

縞枯山荘縞枯山荘
青空と青い屋根が雪によく映える。
やっぱり雪と青空はよく合う。

 

山荘近辺

 

山荘と三ツ岳雨池峠までの道程で、ふと後ろを振り返ると、
縞枯山荘と三ツ岳が見える

 

雨池山雨池山(2325m)間近で見る雪山の
迫力に圧倒される。

 

雨池峠雨池峠

 

降雪直後のサラサラな雪雨池山と三ツ峠

さて、今回の山行で一番シンドかったのが、
縞枯山の登りです。

もともと急勾配な上に、新雪が積もったので、
ラッセルしながら登ることに。。。

時折、膝までズッポリ沈みながら
ヒーコラヒーコラバヒンバヒン言いながら
登りましたよっwww

写真撮っておけば良かった~

必死に登っていたので、
写真の事なんか完全に忘れてた(汗)

ストックを使っても、足下の雪が不安定なので、
バランスを崩す事があり、時折、枝を掴みながら
登りました。

ここでも、さっきの登山口までの長い道のりで陥った、
「辛い時に都合のいい解釈、見たいものしか
見えなくなってしまう」確証バイアスが現れました。

冷静にコースタイムや地図を見たら、
まだまだ山頂まで遠いのに、苦しくなってくると、
冷静に判断する事が出来なくなり、
「これだけ歩いているんだから、あと少しで
山頂のハズだ!」と、根拠のない確信を
感じてしまうのです。。

木の枝が山頂の標識に見える幻覚がまた現れる(笑)

これは、苦しい状況の時、都合のいい事だけ見る、
考える事で、少しでも精神的に安心させる為、
人間のDNAに組み込まれた本能なんでしょうかね。

苦しい時こそ、人間の本性が出ます

朝の長い道のりで、自分がこのような「確証バイアス」
に陥っている事に気づいたので、ここでも頭を
切り替えて、山頂から見える雄大な景色や登山後の
温泉に入っているシーンや充実感を想像しながら
登ったら、あっという間に山頂に着きました(笑)

 

茶臼山と南八ヶ岳10:54 縞枯山(2403m)着
山頂近くの展望台付近から茶臼山、
南八ヶ岳を望む

雲がかかっているけど、
やっぱり山頂からの眺めは爽快だ^_^

ここから下って、また前方の茶臼山に登るのも
結構しんどかった。

 

縞枯山から北西を望む縞枯山から北西方向を望む

 

縞枯山から南八ヶ岳を望む南八ヶ岳連峰を望む。雲がかかっているが、
天狗岳(2646m)、赤岳(2899m)中岳(2700m)、
阿弥陀岳(2805m)が見える。

 

茶臼岳からの眺め茶臼山 天望台(2384m)から北西方向
まさに天望台だ。

茶臼山 標識

 

下りから南アルプス

 

下りから天狗岳下り道から南八ヶ岳連峰を望む

 

後ろを振り返ると茶臼山下山はスタスタスタ〜って感じであっという間に
下る。ふと後ろを振り返ると茶臼山
近くで見ると、迫力あるなぁ〜

 

むぎくさとうげ12:31麦草峠麦草峠登山口到着
(上りとは別で、大石峠下の登山口)

帰りは緩やかな下り、スノーモービルの
踏み跡があるせいか、歩きやすい。

 

むぎくさとうげ下る

さりげない絶景行きは真っ暗で気づかなかったが、
冬季通行止めゲートから登山口までの光景も、
何気にいい景色が広がる。

 

ガードレールまで積もる雪さすがにここまで積もったら、
除雪に手間がかかるから、通行止めになるわな。

14:06 冬季通行止めゲートに到着!

今回の山行も、10時間以上に渡る山行になりました。
レンタカーの返却時間もギリギリになってしまったし。。

帰りの運転やスケジュールも考えると、
力量に合わせ、もう少し短い時間の山行、
余裕のある行程にするべきだったと反省。

自分の場合、山に登る一番の目的が、
心動いた大自然の光景を切り撮り、
こうしてあなたと一緒にシェアする事です。

登っている時間より、
写真を撮る時間の方が長いんじゃないか?
ってくらい撮影に時間をかけています。

なので、時間を気にする事なく、心おきなく、
心動いた大自然を切り撮れるような
山行スケジュールやマネージメントを
心がけるべきだったなぁ~と思いました。

山は、何が起こるか分からないし、
急な変更をせざるを得ない時もあるので、
なおさらです。

さて、4月は天候や雪の状態がよければ、
富士山に登りたい!

また、公式サイトでもオンライン登山として
シェアしますので、楽しみにしていて下さい!

今回の記事を読んで、山について知りたい事、
今後のオンライン登山に期待する事など、
小さな事でも構わないので、コメントなど
いただけると嬉しいです😊

 

最後にコースタイムを記載しておきます。

冬の北八ヶ岳(縞枯山、雨池峠、茶臼山)に
登る際の参考になれば幸いです。

遅めのコースタイムなので、
ゆっくり登りたい方、登るのが遅い人には、
特に参考になると思います。
(休憩、撮影時間込み)

3:30 冬季通行止めゲート発
↓↓↓↓↓↓
5:31 登山口(出逢いの辻側)
↓↓↓↓↓↓
7:50北八ヶ岳ロープウェイ
1時間休憩
9:05発
↓↓↓↓↓↓
10:03 雨池峠
↓↓↓↓↓↓
10:54 縞枯山山頂
↓↓↓↓↓↓
11:46茶臼山山頂
↓↓↓↓↓↓
12:31麦草峠
↓↓↓↓↓↓
14:06冬季通行止めゲート着

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)