ネパール大地震 鎮魂アルバム4 ネパール人の素朴な表情 大人編

ネパール大地震から2年 復興を願い、
ネパールの素朴な表情を多くの人に
知ってもらおうと作ったアルバム4作目は。。。

2013年〜2016年にかけて撮影した、
大人たちの素朴な表情を切り撮った写真を
まとめました。

前回のネパール大地震 鎮魂アルバム3
ネパール人の素朴な表情 子供編では、
「子供は純粋」「表情がピュア」という
感想をいくつかいただきました^^

今回、大人の表情をまとめてみて思ったのが、
大人も子供たちに負けないくらい「純粋」という事

純粋さに加えて大人の顔には、
人生経験とそれぞれの生き様
にじみ出ています。

今回も写真の背景情報や撮った時のエピソード、
ネパールの文化慣習や小話なども交え、
お送りします。

ネパールに行った事ある人もない人も、
このアルバムを見て、ネパールに興味を
持ってもらえたら嬉しいです^_^

孫とおじいちゃん

エベレスト街道のパクディン(2610m)にて

仲睦まじい祖父と孫
さりげない日常から愛を感じる瞬間だ。

 

笑うおばちゃん

エベレスト街道のデェンボチェ(4410m)にて

このおばちゃんの店で水とジュースを買った時に、
いろいろ親切にしてくれたので、
「一枚写真を撮ってもいい?」
と撮らせてもらった一枚。

とっさにカメラを向けても、
自然に満面の笑みが出来る人って、
素直だと思う。

たいてい、照れや戸惑いで
ぎこちない表情になるものだが、
このおばちゃんは、笑顔から
おおらかで優しい人柄がにじみ出ている。

 

建築現場の職人さん

建築現場の職人さんと靴磨きのおじさん

厳しい眼差しで働く男が、フッと優しい表情を
見せると、グッときますね。

靴磨き

 

見返り美人

見返り美人

ボヒニ!(ネパール語で年下の女性を呼ぶ時に使う言葉)
と声をかけたら、笑顔で振り返ってくれた。

笑顔になるとより可愛く見える。

 

穏やかなプーマおじさんツァーメ(2713m)にて

トイレに行った後、チャックを閉め忘れて
歩いていたら、このPUMAの帽子を被った
おじさんに、「チャック開いてるよ!」
と教えてもらいました^_^

それがキッカケで、少し話をしたら、
息子さんが日本に留学しているそうで、
大変な親日家でした。

別れ際、
『ダイ!(兄貴)写真を撮ってもいいですか?』

『もちろんだよ~』

パシャりと1枚だけ撮りました。

 

穏やかな佇まい

穏やかな表情でこちらを見つめる洋服店の店主。
ゆったりとした午後のカトマンドゥ

お店は夕方から忙しくなるのかな?

 

新聞配達の兄貴

新聞配達員の兄貴
一仕事終えた後は、タバコとネパールティー
仕事が終わってホッとする瞬間。

 

赤ちゃんと母親

若いお母さん

お母さんが笑うと、怪訝そうな顔の
赤ちゃんもすぐにこやかになる。

以心伝心?

赤ちゃん

 

優しげな表情のお母さん

カメラを向けても物怖じせず、
堂々としているんだけど、
穏やかで優しげな表情が素敵です。

 

カトマンドゥの家族道端で地図を広げていると、
左端の老紳士が親切に教えてくださり、
家にも招いてくれて、
家族でもてなしてくれました。

最初はあまりの親切ぶりに、
何か裏があるのでは?っと
勘ぐってしまいました。

でも、数時間ネパールティーを飲みながら
お互いの国の事を話すうちに、
純粋におもてなしをしてくれた事に
気付きました。

素朴で好奇心旺盛な人たちです。

表情にもそれが表れているでしょ?

またカトマンドゥに行った時、
この家族の家に遊びに行こうと思います。

 

お土産屋のお姉さん

カトマンドゥのハンドクラフトのお店にて

店に入った瞬間、写真の女性が満面の笑みで、
您好ニイハオ!と声をかけてくるではないか!

とても素敵な笑顔で迎えてくれたので、
直感的に、このお店で買いたいなぁ〜と
思った。

このお店は、カレンダーや手帳などの
ペーパークラフトを取り扱うお店。

カレンダーのデザインがハンドメイドで、
とても素敵だったので購入しました。

購入の決め手は、商品もモチロン素敵
だが、この女性店員の対応の良さ。

常にニコニコしながら接客して、
自分が扱っている商品に誇りを持ち、
「このカレンダーはここが素敵だと思う!」
「こんな使い方をしたら、
楽しい1日になるよ!」

とカレンダーを配置する場所や
活用の仕方まで、親切に教えてくれた。

ネパールでは非常に珍しい接客

彼女の接客は、商品+商品に対する思い入れや
活用方法を語る事、そして彼女のキャラクター
という付加価値がついて、普通のお土産屋の
何倍もの『価値』があったと思う。

時々カレンダーを見ながら、
彼女からお土産を買って、
本当によかったと感じる。

この一件以来、カトマンドゥに行った折には、
このお店でお土産を買うようになりました。

 

ガイドのでベンさんヒマラヤトレッキング中に知り合った
ガイドのデベンさん。

実際のガイドは別の人だが、
デベンさんのグループと同じ行程で、
よくロッジでも会ったので、
自然に仲良くなりました。

ひょうきんな彼とは下ネタで盛り上がり、
会うと、必ずトモダチ◯コという
素敵なあいさつを交わすwww

 

マナンのオーナー

アンナプルナ街道 マナン(3469m)にて

マナンのsutaff

山小屋で竹内のiPhone6に興味を示す若いスタッフ

ブログやSNSなどの情報発信に興味を持っていたので、
たどたどしい英語で下記の事を伝えてみた。

山小屋を訪れる世界中のトレッカーと、
片っ端から繋がったらいい!

ここから見える光景は、
世界中のトレッカーからしてみたら、
とても価値ある光景なので、

写真や動画を撮って、
あなたなりの見解コメントをつけて、
Facebookに投稿したら、
きっと興味を持って、あなたの山小屋に
たくさんの友達が会いに来るよ!

そうすれば、あなたは儲かるし、
友達にも会えるし、一石二鳥だよね!

そんな感じで伝えてみました。

どこまで伝わったか?分かりませんが、
彼は、「おぉ~!それはすごいな!」
「頑張ってみるよ!」
「ダイ!(兄貴)教えてくれてありがとう!」
と、笑顔で仕事に戻っていきました。

現状、こういう視点でSNSやブログで
情報発信をやっているネパールの
山小屋スタッフはほとんどいないので、
これからこの若者がどんな可能性
広げていくか?楽しみです\(^o^)/♪

 

素敵な笑顔のおばちゃん

ブルブレ(840m)にて
とっても素敵な笑顔のおばちゃん。

親切にしてくださったのでパチリ。

売ってるものはどこの店でも変わらない
日用雑貨だけど、登山中こんなおばちゃんが
いるとホッとする。

次回アンナプルナに行った時は、また寄りたい。

 

優しげなおじいさん

ヒンドゥーへの祈りの後、
穏やかな表情でこちらを見つめる老紳士

素敵な年の取り方だなぁ〜

 

実は、ヒマラヤトレッキング中での
一番の楽しみは、
1日のトレッキングが終わった後、
夕方に宿泊先の村を歩く事でした。

村で気さくに話しかけてくる若者と、
一緒に村が見渡せる丘に登ったり。。

お祭りで踊る子供たちから、
祝福のプシャをしてもらったり。。

カメラの調子がおかしくなって、
一緒にあーでもない、こーでもないと、
直してくれるのはいいんだけど、
余計カメラの調子をおかしくするオヤジ(笑)

ひょんな事から、警官たちのバレーボールに
参加する事になったり。。。

そんな様子を、
終始ニコニコと見守ってくれるオバサン

いろんな出会いや
ハプニングがありました^_^

いい事、悪い事、
全てがいい想い出です^_^

いつしか素敵な景色を見る事よりも、
素敵な笑顔を見る事に、
トレッキングの目的が変化していきました。

 

山はいつでも登れますが、
人との出会いは、その時の偶然に左右されます。

掲載した写真は、そんな偶然の出会い
の一部を切り撮ったものです。

彼らと出会えた事で、
単調になりがちなトレッキングに、
彩りが添えられました。

今でも、彼らと話した内容や
チョットしたハプニングは、
鮮明に覚えています。

彼らは、どうしているのでしょう?

また次回ネパールに行った時、
『前もここに来て写真撮ったけど覚えてる?』
想い出話をしたいものです。

ネパールは、東日本大震災の時、
日本の為に、毛布5000枚を送ってくれた
友達です。

一期一会の出会いで終わっても、
何かあった時は、自分が出来る事で
助けあえる関係

そんな友達を世界中に増やして
いきたいですね。

このアルバムで、あなたのお気に入りの表情や
何か感じるものはありましたか?

よかったら教えてください!

次回はネパール大地震 鎮魂アルバム5 動画編
お送りします。

お楽しみに~

今までに公開したネパール大地震 鎮魂アルバム

ネパール大地震鎮魂アルバム1 ヒマラヤアンナプルナ前編

ネパール大地震鎮魂アルバム2 ヒマラヤアンナプルナ後編

ネパール大地震鎮魂アルバム3 ネパール人の素朴な表情 子供編

ネパール大地震 鎮魂アルバム5 動画編パール大地震 鎮魂アルバム5 動画編

ネパール大地震 鎮魂アルバム6 エベレスト街道前編

ネパール大地震 鎮魂アルバム7 エベレスト街道 後編

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)