初夏の昭和記念公園

家から歩いていける距離に、
国営の昭和記念公園という公園があります。

東京ドーム39個分の広大な敷地に、
お花畑、原っぱ、森、日本庭園、池、古民家、
農園、プールやアウトドアレジャー施設など。。

四季折々の自然が楽しめる公園で、
大都会東京のオアシス的な存在です。

今回のコンテンツは、そんな昭和記念公園で撮った、
初夏らしい生命力あふれる青々とした緑、
色彩やかな花、そして涼しげな水のある光景
などなど

今の時期にふさわしい写真をセレクトしました。

これから蒸し蒸しした季節になるので、特に
写真で涼みたい方、癒されたい方にオススメです!

園内に入ると、まず出迎えてくれるのが、
青々としたイチョウ並木

緑がみずみずしいですねぇ~

青々とした緑から、躍動感と生命力を感じます。

 

午後の休憩はこのテラスがオススメ!
大きな樹の下で、穏やかな午後を過ごせます。

 

色鮮やかな花たち
デルフィニウム

 

紅一点
やっぱり赤は存在感がある。

 

窓を開けたら、清々しい緑が広がっていた。
家の窓からこんな光景が見れたら最高だ。

東京ドームが2つ入る敷地に樹が1本
ここは、みんなの原っぱと呼ばれる場所で、
樹の下でお弁当を食べたり、フリスビーや
キャッチボールをしたり、原っぱに寝そべって
本を読んだりなど、

みな思い想いに過ごしています。

ちなみに竹内は、ここでプロフィール写真を
撮りました。

この日は、こんな感じで這いつくばって
花や風景を撮ってましたよ^^

 

青一点
オレンジのカリフォルニアポピーの中に、
青いヤギルマギクが一本だけ咲いている

なんか女子校の中にひとり男子生徒が
紛れこんでしまったかのような違和感を感じる^_^

 

 

青々とした初夏の緑から主役を奪った赤い花たち。
シャーレーポピーだ。

やっぱり赤はインパクトがあって華がある。
情熱と可憐さを持ち合わせた色だ。

「都会の中のメルヘン」

 

もたれかかって、
本でも読みたくなるような木だ。

可愛い彼女とのひざ枕も似合うロケーションだ(笑)

 

公園内には丘があり、チョットした滝まである。
丘を登り、一汗かいた後にこの光景を見ると、涼しいぃ~

滝の水は日本庭園の池に通じている

橋と花しょうぶ

 

水面に緑がよく映える

 

 

日本庭園の脇にある盆栽苑で、
小さくとも、躍動感のある盆栽が展示されていました。
盆栽は、日本が世界に誇るアートですね。

 

パークトレインの停留所
なんか昭和を感じさせる光景

園内は広いので、カラフルなパークトレインが
走っています。

 

緑の中にメルへンの世界が溶け込んでいる

 

幹がたくさん分かれていますね。
すごいなぁ〜

 

ツツジとボート乗り場
池の湖畔には、こうした色とりどりの花が
咲き乱れ、ボートの乗客の目を飽きさせない。

 

雨上がりの緑は、いつも以上に
生き生きしているように見える

 

さりげなく、自然の中に人工の創作物が
うまく溶けこんでいる。

 

帰りもイチョウ並木が見送ってくれた。

次は秋に来る予定なので、
きっと黄色く紅葉しているでしょう。

昭和記念公園は、東京が世界に誇る国営公園なので、
関東の方はもちろんの事、関東以外の方も東京に
来る機会があれば、是非訪れてみて下さい!

東京にいながら、圧倒的な大自然の中、
四季折々の光景を楽しめます。

昭和記念公園のホームページはこちら

P.S
お気に入りの写真があれば、ぜひ教えて下さいね!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)