オンライン登山 夏の硫黄岳編

先日、登山仲間のKさんから、
「日本一高い野天風呂から硫黄岳の爆裂火口を
眺めるのは最高だよ!」

っという話を聞いたので、
「じゃあ行ってみよう!」
という事で、
八ヶ岳連峰の硫黄岳に登りました。

終始、ガスっててほとんど青空を見る事は
出来なかったけど、その分、曇りならではの
美しく映える緑に心奪われたり、花の生き様に
感動したり、幻想的な光景が垣間見れたり、
そして、美熟女との混浴も楽しめたり(笑)
などなど。。。

混浴レポートもあり(ニヤニヤ)

今回の硫黄岳登山は、天気に関係なく、
登山と人との出会いを楽しみ、心動く瞬間を
切り撮りました。

硫黄岳ってどんな山?

硫黄岳(2760m)は、八ヶ岳連峰のちょうど
真ん中
あたりに位置する火山。

山頂から数百メートルの断崖絶壁を擁する
爆裂火口があり、日本一高い野天風呂
(2150m)も
ある。

硫黄岳の名の通り、爆裂火口からは、
硫黄のにおいが香ります。

硫黄岳は、東西南北それぞれ登山ルートが
ありますが、今回は日本一高い野天風呂から、
硫黄岳の爆裂火口を望みたいので、
東側の本沢温泉口から登りました。

鹿とのミスマッチ

登山前日の夕方
車の中で翌日の準備をしていたら、
車の目の前に鹿がいるではありませんか!

道端の草を食べる事に夢中で、
車の中に人がいる事に気がつかなかったのか?

「これはシャッターチャンス!」と意気込み、
鹿にバレないように、そお〜っとドアを
開けたら、
意外に音が大きくて、キッーっと
鳴いて逃げて
しまいました。

読者の声 「なんだよ〜」笑。。。

鹿って、音に敏感なんですね。

自然界では、鹿のような草食動物は
いつ襲われるか分からないから、
音に敏感なんだろうと思います。

鹿の写真が撮れなくて残念!

鹿の写真はまたの機会という事で。。。

いざ登山開始!

明け方の朝一番のタイミングで、温泉に
浸りながら爆裂火口を望みたかったので、

2:30に出発

暗闇の中、黙々と歩くこと1時間半
本沢温泉まであと少し。
明け方には十分間に合いそうです。

明け方の硫黄岳

明け方前に野天風呂到着!

しかし、日の出前にもかかわらず、
すでに、野天風呂には4、5人の先客が。。。

小さい野天風呂なので、予定を変更し、
先に硫黄岳山頂に登り、下りで野天風呂に
寄る事に。

逆にこれが吉と出て、
このあと美熟女と混浴する事に。。。😁

日の出の時間が迫り、だいぶ空が明るく
なってきた。
鳥のさえずりをBGMにして、
朝しか見れない光景を
楽しむ。

日の出の時間
秩父連山の方角から空が赤みを帯びてきた。

曇りの日の出も、味があっていいですね。

 

ガスの切れ間
木々の間から秩父連山と雲海が見える

曇りでガスっている日は、時々幻想的な
光景が
現れるので、何気に晴れの日よりも
写真の撮りがいがある。

樹林帯を突き進んでいく。

ガスっていたせいか、水分をたっぷり含み、
緑がみずみずしく見える。

晴れると爽やかな光景だけど、
ガスると一転して神秘的な光景へ様変わり

なんか霊場ぽい雰囲気。

石を積み重ね、ピラミッドのような形を
しているのは、「ケルン」と呼ばれる道標。

神秘的な光景だけど、この「ケルン」を
目印に進んでいけば、迷うことはない。

視界不良の時は、特に助かる。

ガスのすき間から見える世界

スタートから5時間
硫黄岳山頂に到着

終始ガスってたけど、ガスの晴れ間に、
幻想的でダイナミックな火口が姿を現わす。

吸い込まれそうな爆裂火口
落ちたら数百メートルは転がりそう。。

 

 

 

高度2600mでもたくましく咲く山ツツジ

 

硫黄岳らしく、山肌も鮮やかな硫黄色。

 

かすみの中に佇む巨石群

 

岩のスキマから、たくましく咲く花。
短い命を懸命に生きている。

 

一瞬ガスが晴れ、野辺山方面の雲海が一望。
数分後またガスり始めた。
一瞬の晴れ間に感動を覚えた瞬間。

 

 

麓の緑が鮮やかだ。晴天だったら、
ここまで鮮やかな緑ではなかっただろう。

ガスって水分を多く吸収したからこそ、
現れた色だと思う。

緑と花
それぞれ水分を含み、
生き生きとしている。

 

美熟女との混浴

当初、明け方に入る予定だった野天風呂

しかし、明け方に先客が入っていた為、
一転して下りで入る事に。

登山道から野天風呂は丸見えなので、
混雑状況を確認したら誰もいない。

「おー!これはラッキー!」
「雲上の湯に浸かりながら、
爆裂火口を独り占めだ!」

意気軒昂と、野天風呂に向かい、
服を脱いで湯船に浸かろうとした瞬間、
(野天風呂に脱衣所はない)

「すみません~」「ご一緒してもいいですか?」

振り返ると、オバちゃん、いや基い、
美熟女2人組が遠慮がちに微笑んでいる。

おっさんだったらテンション下がるが、
美熟女だったら大歓迎!という事で、
美熟女2人組と温泉に入ることに。

美熟女 
「ごめんね。こんなおばさんと一緒で」

竹内
「いえいえ、美女と一緒に入れて光栄です」

美熟女A
「ははは」「美女は言い過ぎでしょう」

着替え中のもうひとりの美熟女Bに向かって、
「美女だって」
「サービスして素っ裸で入っちゃいなよ!」

「はははははは」

美熟女B

恥じらいながらも、水着の上からタオルを巻き、
タオルの中で水着を脱ぎ、手ブラしながら
再度タオルを巻き、湯船に入ってきました。

温泉マジックのせいか?
肌がツルツルに見えて、とってもセクシー

さすがに写真は撮れなかったけど。。

この後、お調子者の美熟女Aが、
「一緒に写真を撮りましょ!」と言い出し、
美熟女Bとツーショットで
写真を撮られる羽目に。。。

普通に並んで撮ってしまったけど、

せっかくなら、ラテンのノリで肩に手をかけ、
「イェーイ👍」って感じで写真撮れば
よかったかな~

チョット後悔(笑)

美熟女に囲まれながら、
硫黄岳の爆裂火口を撮る。

あー!美熟女Bのブラをどかすの忘れてた~

硫黄岳登山の目的を、美熟女との混浴という、
男として最高の形で楽しんだ後は、下山

野天風呂から5分で本沢温泉本館に到着

本沢温泉は、今年で創業135年。
こんな山奥で明治15年から営業してる
っていうのがすごい。

本沢温泉近くの夏沢峠は、八ヶ岳を挟んで、
東の小海・野辺山、西の諏訪・茅野を
結ぶ旧街道だったらしい。

開業当時から、旅人を癒す存在
だったのだろう。

今度は秋に来たいな。

 

滝のせせらぎ

夫婦杉のように、寄り添う木

 

「俺を見ろ!」

まるでそう叫んでいるかのように、
両手を広げ、自分の存在感を誇示しているか
のような花
「生きている」というメッセージを
感じさせる瞬間

 

登山中、ちょっと疲れてきたなぁ〜と
思った時に、
こういう看板を目にすると、
ファイトが湧いてくる。

 

少し疲れたら、この辺りでドッカリ座り、
野辺山の景色を見て、疲れを癒す。

今も昔も変わらない。

 

今回の硫黄岳登山は、終日ガスっていて、
青空がほとんど見れなかったんですが、
ガスっていても、それはそれで絵になる光景や
出会いを楽しめたかなっと思います。

晴れたり、曇ったり、いろんな表情が
見える登山の方が、感動が大きい事に気付いた。

やっぱり人生と登山は通じるものがある。

本沢温泉口から硫黄岳コースタイム

休憩や写真撮影の時間を含むコースタイム。
(入浴、食事の時間は含まず)

硫黄岳登山の参考になれば幸いです。

本沢温泉登山口〜
(ゲート口ではなく一般の駐車場)
本沢温泉 2時間

本沢温泉〜夏沢峠 1時間45
夏沢峠〜硫黄岳山頂 1時間15

上り 5時間

硫黄岳山頂〜赤岩の頭 15
赤岩の頭〜硫黄岳山頂   15

硫黄岳山頂〜夏沢峠 50
夏沢峠〜本沢温泉 45

本沢温泉〜本沢温泉登山口
(ゲート口ではなく一般の駐車場) 2時間

下り 3時間35

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)