写真の編集をしていて思った事 

 

1年ほど前から、投稿用の写真は、
Lightroomという写真編集ソフトを使って
編集しています。 

写真家やクリエイターがよく使っている
編集ソフトですね。 

それまでは、Macに標準搭載されていた
iPhotoで写真編集していましたが、
Lightroomを使う事で、編集出来る事が
ものすごく広がりました。 

でも、出来る事が広がり過ぎて、
どこで区切りをつけたらいいか?
迷う事が多くなり、投稿用の写真を
1枚編集するだけで、1時間かかった事

ありました。 

iPhotoの場合、出来る事に限りがある為、
編集するポイントがシンプルで、
ある意味、楽でした。 

でも、Lightroomの場合、
出来る事が無限に広がる為、
自分の中での
落とし所が分からなく
なってしまうんですよね。 

『ここはもうちょっと鮮やかさを出したい』

『でも、ここまでいくとチョット不自然だなぁ~』

『もうチョット色を抑えよう』

そして、少し時間を置いて見返えしてみると、
見え方が全く変わり、
『色が薄すぎる!もっと濃くしよう』と、
あ~でもないこ~でもないと
編集していくうちに面倒になり、
『ま~これでええわ~』と投げやりな
気持ちで
編集を終えてしまいます。 

誰もがネットで自己表現が出来る現代は、
写真も文章同様、いやそれ以上に、
『メッセージ』を伝えるツールだと思います。 

被写体を切り撮る瞬間っていうのは、
何か心動くものがあってシャッターを
押しているハズ。 

それを、もっと臨場感を持って伝えたいから、
編集するんですよね。 

でも、編集でいろんな事をしようとし過ぎて、
その心動いた気持ちを忘れてしまったようです。 

心動いた気持ちを、みんなと共有する為に
写真を編集する! 

原点に帰ったら、
だいぶスッキリしてきました。 

文章も同じで、下手に推敲し過ぎると、
本来伝えたかったメッセージの本質を忘れ、
きれいな文章に成り下がってしまいます。 

写真も文章も『コレを誰かに伝えたい!』
という最初に抱いた純粋な気持ちを
大事にしていきたい。

写真も文章も正解があるわけではありません!

正解がないからこそ、奥深く極めていける。
その過程が楽しいんですよね。

関連記事
写真を撮る理由

LEAVE A REPLY

*