初冬の昭和記念公園

今回は、11月末に撮った初冬の昭和記念公園の
光景をまとめました。

春や夏が太陽なら秋や冬は月のイメージ

以前発表した、「初夏の昭和記念公園」
比べると地味ですが、晩秋から初冬の光景も、
趣きがあってよいものです。

穏やかな色彩が織り成す自然のアートを
お楽しみ下さい!

昭和記念公園は、東京都立川市と昭島市に
またがる東京ドーム39個分の敷地を持つ公園。

四季折々の自然が楽しめ、
東京のオアシス的な存在。

昭和記念公園のページ

西立川口から公園内に入ると、
穏やかな朝陽に照らされた、晩秋らしい
鮮やかな光景が出迎えてくれた。

 

朝のボート乗り場
1時間後には、寒さに負けず湖上のデートを
楽しむ人で一杯になる。

盛況前の閑散とした光景

 

朝は冷えたが、昼間は優しい陽射しに
照らされ、ピクニック日和に。

穏やかな色彩を眺めながらのオニギリは
最高に美味い!

 

「憩いの場」
穏やかな初冬の朝、
原っぱのランドマーク的な
存在であるケヤキに人が集まる。

季節は変わっても、
人々の憩いの場に変わりはない。

 

黒い屋根に真紅の紅葉がよく映える。

 

初冬の林は昼間でも薄暗い。
薄暗い林の中に、穏やかな陽が射し込む。

温もりを感じる瞬間。

 

「真紅の輝き」
初冬の穏やかな陽射しを浴び、

穏やかな輝きを放つカエデ。

 

黄金色のツリーの谷間に佇む石のツリー。
密かにクリスマスツリーの座を狙ってたりして^_^

 

散りゆく木々の下、ザクザクと落ち葉を
踏み歩きながら、何を語り合っているのだろうか?

 

穏やかな西日を受け、伸びる木陰

 

下り坂を振り返ると、まぶし過ぎない
穏やかな陽射しが、木々の隙間から差し込む。

 

日本の原風景

 

こちらは柿の盆栽

 

見上げると、黄金と真紅の天井が空を覆う。

 

贅沢な晩秋の彩り

紅葉の晴れ舞台を終え、
静かに散っていった。

 

初冬は日が暮れるのが早い。
3時を過ぎると夕方ぽい光景へ早変わり。

 

紅白合戦
紅と白どっちが好きですか?

 

時間を忘れ、季節の変わり目を切り撮る。

 

夕暮れ
夢中で写真を撮っていたら、
あっという間に夕暮れに。。

 

帰り際に撮った最後の一枚

 

「ふ・ゆがはーじまるよ♫」そんなメロディが
流れてきそうなイチョウ並木

これから本格的に冬が始まる。

さて、ここまで御覧になって、
いかがでしたか?

以前発表した「初夏の昭和記念公園」
比べると、同じ公園でも随分印象が
変わると思います。

それが日本の四季の楽しめるところ。

昭和記念公園で写真を撮りながら、
改めて日本の自然は美しいと思いました。

これからも、季節の移り変わりを撮り続け、
日本の自然の美しさを伝えていきたいと思います。

過去に発表した昭和記念公園の写真はこちら

 

LEAVE A REPLY

*