オンライン登山 冬の蓼科山編(2017/12/16.17)

今シーズン最初の雪山は、
蓼科山(たてしなやま)に登りました。

蓼科山は、長野県の北八ヶ岳連峰の最北端に
そびえる標高2530mの山。

すずらん峠の女神茶屋登山口からの
ルートであれば、トレース(踏み跡)も
しっかり付いているので、苦労なく登れる。

本格的な雪山気分も味わえるので、
最初の雪山にはちょうどいい山です。

雪山初心者の方も、経験者が同行すれば、
安全に楽しめる山なので、初めての雪山に
オススメ!

ただ、独立峰なので、風が強い時は
メチャメチャ寒いらしい。
天候や体調などと
相談し、安全第一に登るのが鉄則ですね。

さて、今回のオンライン登山冬の蓼科山編は、
裏企画として、
日本百名山日の出シリーズ
蓼科山編を撮るつもりでしたが、
あいにくの雪。

ただ、風がなかったので、
思ったより快適に登れました。

雪山なので、晴れていないと、単調な白と黒の
モノトーンの世界しかありません。

でも、白と黒の世界と一言で言っても、
ツーンとした冷たさを感じる風景もあれば、
薄雲から陽の温もりを感じるような温かみの
ある光景など、
様々な世界がある事に
気付きました。

今回の蓼科山の写真を通して、いろいろな
白と黒の世界を
感じてもらえたらと思います。

写真だけでなく、各ポイントの注意点や
記事の最後には、すずらん峠の
女乃神茶屋登山口から山頂までの
コースタイムを載せました。

と言っても、歩くよりも写真を撮ってる時間
の方が長いくらいなので、

コースタイムはかなり遅めです。

ゆっくり登る方、初心者の方には
参考になると思います。

オンライン登山とは。。。
オンライン上で写真を通じて登山行程を
再現し、
読者の方と一緒に登山体験を共有
する
ドキュメンタリー

登山を追体験する事によって、
山に登る人、登らない人(登れない人)も、
大自然の魅力を感じてもらうのが目的。

登山前夜の20時過ぎにすずらん峠
女神茶屋前の駐車場に到着。

駐車場に着いたのは自分が一番乗り!
車を停め、早朝まで車内で仮眠を取る。

すずらん峠に続くビーナスラインは
凍結しているので、
スタッドレスタイヤは必須!

ちなみに土日や年末年始は混むので、
朝早めに駐車場に到着する事をオススメします。

下山して駐車場に着いたら、車が駐車場から
あふれ、
冬季休業中の女神茶屋前にも
車が駐車してありました。

4:56  すずらん峠女乃神茶屋登山口出発

4:30に起床し、空を見上げると満天の星空。
「これは日の出を見られるっ!」と期待するも、
山頂方面を見ると、不気味な黒っぽい雲が
覆っている。

車を降りると、サラサラのパウダースノーが
数センチ積もっていた。

どうやら山頂方面は雪らしい。

天候が回復する事を願いながら、
身支度を整え山頂を目指す。

この日は自分が一番乗りで、笹の間の白い小道に
最初の踏み跡を残す。

積雪は大した事ないので、トレース(踏み跡)が
なくてもサクサク進める。

サラサラのパウダースノーに「キュッキュッ」と
踏み跡をつけていくのは楽しい♪

風はなく寒さもそれほど厳しくないので、
快適に歩を進める。

途中で動物の足跡らしきものを発見!
夜中に餌を求めて登山道を歩いていたのだろうか?
少し警戒しながら山頂を目指す。

登山開始から1時間半ほどで、
見渡しのいい場所に出る。

この辺りの高さまでは天気が良く、
オレンジ色に染まる朝焼けが美しい。

中間地点の2110mの標識。

木々の隙間から朝陽を見るのもいいかも!っと思い、
しばし休憩していたら、だんだんガスってきた。

みるみるうちに雲に覆われ、日の出はお預け。

日本百名山日の出シリーズ蓼科山編は
別の機会に撮る事にしよう!

気を取り直して歩を進めると、ガスが晴れてきた。

ガスが晴れたのも束の間。
またすぐガスって白と黒の世界へ

蓼科山を始めとする北八ヶ岳連峰は、
縞枯れ(しまかれ)と呼ばれる、
樹林帯の
木々が帯状に立ち枯れて、遠くから見ると
縞模様に見える現象が起きている。

原因は不明だが、枯れた樹木の下には幼樹が
多数育っており、
時間が経つと、枯れた部分に
成木が育ち、緑の景観が戻るそうだ。

縞枯れした木々に雪が積もり、ガスってくると、
白と黒の世界が一層侘しく感じる。

 

森林限界を超える。ここから先は岩場。
山頂方面は薄暗い雲に覆われている。

まるで修験場のような雰囲気。
アイゼン(雪や氷の上を歩く時の滑り止め)
装着時の歩行は要注意!

雪が降り出してきた。

単調なモノクロの世界だけど、
これはこれで幻想的でいい。

ゴツゴツした岩場にアイスクリームのような
パウダースノーが輝いている白い世界とは対照的に、
樹林帯方面の薄暗いガスは黒い世界。

 

風が強いので、氷が横に伸びている。

写真だと冷たい世界に映るが、
この日は風がなく穏やかだったので、
快適に登れた。

 

標識も雪と氷に覆われている。
見てるだけで凍える光景だ。

 

すずらん峠女乃神茶屋登山口を出発して
4時間半。
9:24 に蓼科山山頂着。

晴れていれば、南、北、中央アルプスといった
360度大パノラマが見れる場所だが、

白と黒の世界しか見えない。

自然の厳しさ、残酷さを感じる光景だ。

蓼科山山頂には、蓼科神社奥宮がある。

蓼科山は別名を女ノ神山、諏訪富士とも呼ばれ、
古来より山麓に暮らす人たちから崇められ、
信仰の対象として、
祀られている。

山頂の社は、静かだが凛と佇んでいる。

お参りし、カメラを構えた瞬間、
タイミングよく薄日が射し始めた。

写真を撮り終えると、薄日が消え、
寒々とした冷たい世界に戻っていった。

 

下りは、登ってきた道とは逆の将軍平方向へ
歩を進め、グルッとUターンして竜源橋経由で、
すずらん峠女乃神茶屋登山口に戻るつもり
だったが、山頂から将軍平方面は雪が深かった。

山頂の山小屋(冬季閉鎖中)は
雪に埋もれている。

目印もすっぽり雪に覆われていた。

試しに将軍平方面に進んだら、膝までズッポリ
埋まり、ラッセル(雪をかき分ける事)
しながらじゃないと進めない。

時間と体力を消耗するので、すぐ諦め戻る。

蓼科山山頂から将軍平方面は雪が深く、
登山者はほとんど足を踏み入れないので、

ラッセルしながらでないと進めません。

経験者で体力があり、さらに時間に余裕が
ないと進めませんね。

でも手付かずの雪山を撮れるのは魅力的。

手付かずの天然のモノクロ世界

 

下りは早々と岩場を下り、クリスマスソングが
流れてきそうな樹林帯を慎重に下る。

下りはアイゼン必須!

下りも雪が降ったり止んだりで、
太陽がなかなか顔を出さない。

カーキ色の冬空が広がる。

 

時々、こうして白と黒の世界に光が射し込むと、
太陽のありがたみを感じる。

 

闇があるから光がある。
光があるから闇があるのか?

どちらにしても、
光と闇のコントラストは美しい。

 

ゴールの登山口までもう少し!

深い森を下っていく。。

そして、登山口近くに戻ると、青空が見えた。
この日、唯一の青空を見て蓼科山登山終了!

今回のオンライン登山「冬の蓼科山編」では、
写真を通して、雪山特有の「白と黒の世界」
お届けしてきましたが、
いかがだったでしょうか?

自分的には、単調なモノクロ世界でも、
自然の奥深さ、繊細さを感じた登山でした。

青い空に映える白い雪山、360度大パノラマも
いいけど、
モノクロの世界も切り撮り方、
見方によって、様々なカラーがあるので、

今後は、そんな繊細な自然の魅力を表現ように、
写真技術を磨いていきたいと思います。

すずらん峠女乃神茶屋登山口から山頂までのコースタイム

休憩、食事、撮影時間、その他もろもろ
全て含むコースタイム

4:56 すずらん峠女乃神茶屋登山口発
6:34 中間地点2110mの標識
9:24 蓼科山山頂

上り4時間半

10:41 蓼科山山頂発
12:08 中間地点2110mの標識
13:02 すずらん峠女乃神茶屋登山口着

下り2時間21分

過去のオンライン登山はこちら

LEAVE A REPLY

*