オンライン登山 杓子山、高座山編(18/12/8)

 

仕事仲間でライターのS香が、
「山梨に住んで1年経つけど
まだ山に登ってない!
山に登りたーい!」っというので、
一緒に富士の
眺望が美しい杓子山に登ってきました。

杓子山は初心者でも登れる山でありながら、
富士山や麓の眺望が美しいので、ビギナーに
オススメです。

この日は雲が多かったですが、ときおり雲の
隙間から見える富士がなんとも幻想的でした。

冬の柔らかな陽射し
多様でドラマティックな光景を演出する雲模様
山肌に広がる黄金のススキ
初冬の侘しい山の様子
河口湖からの夕景富士

そして。。厚い雲の隙間から、
一瞬、横顔を覗かせる富士

などなど。。

写真を通して、登山の空気感を
共有出来ればと思います。

今回も記事の最後にコースタイムを
記載してます。

オンライン登山とは。。。
オンライン上で写真を通じて登山行程を再現し、
読者の方と一緒に登山体験を共有
するドキュメンタリー

登山を追体験する事によって、
山に登る人、登らない人(登れない人)も、
大自然の魅力を感じてもらうのが目的

S &Gと書いてある鳥居地峠から杓子山をピストン。
紫で太くマーカーされている道が今回歩いたルート

※地図はヤマプラの山行計画のページから引用

上り 鳥居地峠→高座山→大榷首峠(おおざす)→杓子山
下り 杓子山→大榷首峠(おおざす)→高座山→鳥居地峠

杓子山は、山梨県の忍野村にある山で、標高1597.6m
ふもとには忍野八海が広がり、富士山から距離が近く、
遮るものがないので、晴れた日には富士の裾野から
山頂までダイナミックな光景が眺められます。

6時過ぎに甲府を出発し、7時過ぎに鳥居地峠に
到着。鳥居地峠からさらにダートを進めば、
上にも駐車場はあるが、ダートなので、
鳥居地峠に停めるのがオススメ

鳥居地峠の駐車場は狭く、
6,7台程度しか停められないので、

朝早く出た方がいいですね。

 

この日は終始薄曇りで、
寒々しい初冬の雰囲気が漂う。

 

時折、雲の隙間から見える陽射しが柔らかく、
オイルヒーターのような優しい温かみを感じる。

 

黄金色のススキの山肌を少し登ると、
ふもとの忍野八海が見えてきた。

雲がなければ、富士が裾野からバッチリ
見える場所だが、
あいにく見えない。

 

 

杓子山の手前にある高座山(たかざすやま)
急登を登りきると、絶景が広がっていた。

急登を登り切ると、さらに裾野を広げた富士と
忍野八海のふもとが一望出来るが、あいにく
富士は白い頭しか見えない。

なかなか見えない富士にヤキモキする。

でもS香は、裾野と富士の頭がチラッと
見えただけでも、富士の雄大さに感動し、
「わー!スゴイ!」っと興奮した様子。

純粋無垢なS香の反応に、登山を始めた頃の
フレッシュな
気持ちを思い出す。

 

高座山の山頂に到着!高座山の最後の登りは、
なかなかの急登だったので、S香もしんどそう
だったが、山頂からの雄大な光景を目にすると、
表情も一変し、達成感を得た表情に変わっていった。

ちなみに、下りは高座山の分岐を左に行った
緩やかな道を歩いた方が良いです。

急登は滑りやすく、危険です!

 

杓子山までちょうど半分!
ここから先もそこそこアップダウンはあるが、
高座山の急登に比べたら、チョロイチョロイ。

 

途中、薄暗い雲がかかり、パッと暗くなる。
昼なのに夜みたいで、チョット幻想的

 

葉のない寒々とした樹林帯を抜けると、
いよいよ杓子山が眼前に迫る。
杓子山も雲にかかっている。

 

途中にある鉄塔
ちょっと幾何学模様っぽくて、
下から見上げると、アート作品のようだ。

 

無残に折れた木

台風?雷?強風?自然の威力の凄まじさに、
S香も驚愕の表情を浮かべる。。。

 

途中の大榷首峠(おおざす)になぜかレールが?
レールの先には。。

ハングライダーの離陸台が!
どうやらあのレールはハングライダーの
運搬用で使っているみたい

助走をつけて、離陸台を思い切り蹴飛ばして
飛んだら気持ちよさそう〜

離陸台に立っただけで、鳥になった気分
しかし、飛ぶのは怖い。。。

 

杓子山山頂まであと少し!

地図を見て現在地を確認するS香
だんだん登山家っぽくなってきた。

 

急登を登り切ると、そこには頂が!
9:40 杓子山に登頂!

天気が良ければ、裾野から山頂まで雄大に
広がる
富士が見えるが、残念ながら厚い雲に
遮られる。。。

あの鐘を鳴らすも、虚しくカーンと鳴り響く。

富士は見えなかったが、西を向くと、
富士吉田の街並みが見えた。

山頂で食事をしながら
富士が見えるのを待つが、

厚い雲は晴れる気配を見せない。

景色が楽しめない分、カップラーメンを
貪るように食べる。
いつも以上に山頂で
食べるカップラーメンはうまい!

やっぱり、山頂で食べるカップラーメンは
最高だね。

 

下りの途中、厚い薄暗い雲の隙間から、
富士が一瞬顔を覗かせる。

だんだん厚い雲が崩れてきた〜
そして。。。

キタキタキターーーーーー!!

富士の周りの雲がポッカリと空き、
光の筋が雲の隙間から洩れる。

オイルヒーターのような柔らかい陽射しが
裾野を照らし、
黄金のススキと青と白の世界が
よく映える。

S香も富士の裾野の雄大さに
おののいたようだ。

今回、富士は見えないと諦めていたが、
最後に富士の横顔をハッキリ見れてよかった。

またこの後、富士は厚い雲に隠れてしまった。

 

高座山は黄金色のススキが綺麗だった。

秋晴れの日に来たら、富士とすごく合いそう!
黄金のススキをバックに雄大な富士と青い空

身震いしそうな光景が目に浮かぶ。

登山後は、ふもとの忍野温泉で汗を流し、
忍野八海を散策

忍野八海でほうとうを食べた後は、
S香のススメで、河口湖にある
久保田一竹美術館で
幽玄な世界を堪能

その後、河口湖で夕景の富士を撮りたく、
湖畔を周る。

相変わらず、厚い雲に覆われていたが、
時折、横顔を覗かせてくれた。

最近、山に対して少しマンネリを感じていたが、
ビギナーS香の純粋無垢な様子に刺激を受け、
登山を始めた頃の初々しい気持ちを蘇らせる
事が
出来て良かった。

S香も念願の山登りが出来、
山の魅力に取り憑かれたようなので、
次回は雪山に行く約束をする。。

今回の山行は終始曇りだったが、
一瞬、視界が拓けた時の感動は大きかったし、
曇り空の多様性、幻想性に気づけたのも
大きな収穫だ。

天気に関係なく、その時その時で
感動した光景を
撮っていきたい。

杓子山のコースタイム

S &Gと書いてある、鳥居地峠から杓子山をピストン。
紫で太くマーカーされている道が今回歩いたルート

※地図はヤマプラの山行計画のページから引用

上り 鳥居地峠→高座山→大榷首峠(おおざす)→杓子山
下り 杓子山→大榷首峠(おおざす)→高座山→鳥居地峠

上り
7:18  鳥居地峠発
8:06 高座山
8:58 大榷首峠(おおざす)
9:40 杓子山

下り
10:09
 杓子山
10:30大榷首峠(おおざす)
11:04 高座山

12:07 鳥居地峠着

トータル4時間49分

以上

過去のオンライン登山はこちら

 

LEAVE A REPLY

*