オンライン登山 冬の八ヶ岳編(にゅう、中山、白駒池)18/12/24

今年最後の登り納めは、八ヶ岳のにゅう、
中山、白駒池に登ってきました。

天気も曇ったり晴れたりと、多様な表情を
見せてくれたので、
爽やかな色彩の青と白の世界
や白と黒のモノクロ世界など、
多彩で幻想的な雪世界を楽しむ事が
出来ました。

写真を通して、雪山の雰囲気や空気感を
共有出来たらと思います。

今回も記事の最後にコースタイムを
記載しています。

オンライン登山とは。。。
オンライン上で写真を通じて登山行程を再現し、
読者の方と一緒に登山体験を共有
するドキュメンタリー

登山を追体験する事によって、
山に登る人、登らない人(登れない人)も、
大自然の魅力を感じてもらうのが目的

S &Gと書いてある唐沢鉱泉から
紫で太くマーカーされている
中山峠→中山展望台→高見石→白駒池→にゅう→
中山峠→唐沢鉱泉が
今回歩いたルート

※地図はヤマプラの山行計画のページから引用

前夜のうちに車で登山口の唐沢鉱泉に入り、
温泉下にある市営の無料駐車場で前泊

駐車場に着いた途端、ガスり始め、
あっという間に霧に包まれてしまった。

どうやら上は雪が降っている様子

翌朝3:40に起きるが、
まだ霧は晴れていない。

車から降りると、一面ガスに覆われ、
不気味な様子。
雪も少し積もっていた。

暗い中、身支度を整え4:21出発

一応、軽アイゼンを履いて登るが、
ふもとは雪が少ない。

雪が小麦粉みたいにサラサラしているので、
登りやすい。

※アイゼンとは。。氷や雪の上を歩く際に
滑り止めとして靴底に装着する、

金属製の爪が付いた登山用具

Wikipediaから参照

標高が上がるにつれて雪が深くなってきた。
でも、雪がフカフカでサラサラしているので
歩きやすい。

雪でトレースが消えてしまったので、
動物の足跡を頼りに登山道を進む。

うさぎの足跡か?

 

夜が白み始め日の出時間が近くなった頃、
黒百合ヒュッテが見えてきた。

1956年に創業
60年以上の歴史がある山小屋。

まだ泊まった事はないが、
昼食休憩でよく利用させてもらっている。

通年営業なのがありがたい。

趣のある日本家屋で、スタッフが親切に
対応してくれる。

 

白い森の中、サラサラでフカフカの雪の上を
歩くのは
清々しい。

中山峠に到着
東の空は厚い雲に覆われ、朝陽が見えない。

 

中山とにゅうの分岐に来ると、
いい感じの光景が広がる。

白と黒のモノクロの世界に、
優しいオレンジの陽射しが射し込む。

凍てつく無機質なキャンバスに、
温かみのある色彩を加えた気分だ。

 

しばらくすると、
優しい陽射しが薄暗い雲に隠れてしまった。

中山展望台に到着
中山の標高は2496m

厚い雲がなければ、南北アルプス、
中央アルプスの白い城壁が、
青空に映える絶景を見る事も出来るが、
厚〜い雲に阻まれて
見えない。

この辺りは遮るものがなく、風が強いせいか、
木々にエビの尻尾のような樹氷が出来ている。

水蒸気や水滴が強風で吹き付けられて凍り、
その上に雪が付着して固まったのだ。

通称スノーモンスター

本場は蔵王だが、八ヶ岳でも見る事が出来る。

一面厚い雲に覆われ、
寒々しいモノクロの世界へ

 

中山からしばらく歩くと、高見石と呼ばれる、
ゴロゴロとした石が群がる
見晴らしのいい場所に出る。

真ん中に見えるのが白駒池
完全に凍結している。

高見石から白駒池に下りると、
青空が現れ、白と青のコントラストが美しい。
気分も晴れ、爽やかな気分だ。

完全凍結しているので、
池をそのまま横切ってみる。

 

白駒池からにゅうを目指す。

道が険しくなり、空腹も相まって
少し壊れ始めた^^

ヒーコラヒーコラバヒンバヒンっと、
「おぼっちゃまくん」の往年のギャグを
ブツブツ呟きながら登る。

ニュー中山!?
ビジネスホテルみたいなネーミングだな(^o^)

クスッと笑える標識だ^^

にゅうと中山方面を指していると思うが、
遊びココロなのか?はたまた、面倒くさい
からにゅうと
中山をくっつけちゃえ!っと
思って
ニュー中山にしたのか?

いずれにしても面白いから、まーいっか〜^^

ちなみに、「ニュー」以外にも、
だったり、にうだったり、
表記が統一されていない。

 

そんなこんなでにゅう山頂(2352.2m)に到着!

写真は、山頂直下から天狗岳を望む。
真ん中左に見えるのが東天狗、
右に見えるのが西天狗。

厚い雲が風に流され、
天狗岳の双璧が堂々とした佇まいで
姿を見せてくれた。

 

北西に目を向ける。
北アルプスは雲に阻まれ見えない。

 

白い枝

 

にゅうを下り、中山峠に向かう途中で
中山方面を見上げる。

GRAYな山肌

自然のスケールの大きさと芸術的な色彩に
圧倒される。

中山とにゅうの分岐から稲子岳を望む。

再び雲に覆われ、幽玄な世界へ。 
 
この日の登山は、青空とモノクロが
交互に楽しめる
登山だった。

中山峠を下り、黒百合ヒュッテに着く頃には
再び青空が。。

八ヶ岳ブルー

白い雪を纏った木々と深いスカイブルーの
コントラストが美しい。

後ろを振り向くと、
天狗ノ奥庭から眩しい陽射しが射し込む。

 

ゴールの唐沢鉱泉に戻ると、ほのかに硫黄の
香りがする温泉がコンコンと湧き出ている。

エメラルドグリーンの源泉が綺麗だ。

登山後は、信玄の隠し湯とも言われる
唐沢鉱泉で、
ゆっくり登山の疲れを癒す。

これぞ、冬山の醍醐味!

 

ゆっくりし過ぎて、唐沢鉱泉を出る頃には、
すっかり陽が落ちていた。

おもわず、黒い山肌とオレンジのコントラストに
目を奪われる。

今年最後の山行は、
雪山を存分に楽しめた山行で幕を閉じました。

今年も無事に山行を終えられた事に、
感謝と満足感を感じております。

そして今年もオンライン登山を御覧いただき、
ありがとうございました!

来年もブログを通じて、
大自然の雄大さ、美しさを読者の方と
共有出来るコンテンツを作っていきたいと
思います。

2019年も宜しくお願いします!

よいお年を!

オンライン登山とは。。。
オンライン上で写真を通じて登山行程を再現し、
読者の方と一緒に登山体験を共有
するドキュメンタリー

登山を追体験する事によって、
山に登る人、登らない人(登れない人)も、
大自然の魅力を感じてもらうのが目的

今回のコースタイム

S &Gと書いてある唐沢鉱泉から
紫で太くマーカーされている
中山峠→中山展望台→高見石→白駒池→にゅう→
中山峠→唐沢鉱泉が
今回歩いたルート

※地図はヤマプラの山行計画のページから引用

上り
4:21  唐沢鉱泉発
6:51 中山峠
7:51 中山展望台
9:08 高見石
9:34 白駒池
11:30にゅう

下り
11:55
 にゅう
13:11 中山峠
15:26 唐沢鉱泉

トータル11時間5分

以上

過去のオンライン登山はこちら

 

LEAVE A REPLY

*