オンライン登山 冬の甲武信岳編(19/01/27)

今回のオンライン登山は、
山梨、埼玉、長野の3県にまたがる

標高2,475mの甲武信岳(こぶしだけ)。

奥秩父山塊の中央に位置する山で、
州(山梨県)、州(埼玉県)、州(長野県)
の境にあるので、
甲武信岳と呼ばれる説が有名だが、
山容が拳のように見えるからという説もある。

日本の中央分水嶺にあり、
千曲川(新潟県に入ると信濃川)、荒川、富士川
といった日本を代表する川の水源地。

百名山の一つで、山頂からの眺望が美しく、
43座の百名山を見る事が出来る。

※一部Wikipediaから参照

通常、午後になると山はガスるものですが、
この日は終日空気が澄んできれいだったので、

稜線から見える富士、八ヶ岳、南アルプスと
いった日本を代表する山々の

絶景写真を中心にまとめました。

今回も記事の最後にコースタイムを
記載しています。登山の際に参考に
なれば幸いです。

オンライン登山とは。。。
オンライン上で写真を通じて登山行程を再現し、
読者の方と一緒に登山体験を共有
するドキュメンタリー

登山を追体験する事によって、
山に登る人、登らない人(登れない人)も、
大自然の魅力を感じてもらうのが目的

S &Gと書いてある西沢渓谷入口から
紫で太くマーカーされている
徳ちゃん新道→木賊山→甲武信ヶ岳→木賊山
→徳ちゃん新道→西沢渓谷入口
今回歩いたルート

※地図はヤマプラの山行計画のページから引用

当日、早起きして甲府の自宅を出発。
5:30頃西沢渓谷入口駐車場に到着。
6時に西沢渓谷入口を出発。

しばらく歩くと夜が白み始め、
オレンジの陽射しに染まった山肌が見える。

 

樹林帯の中から朝陽が顔を覗かせる。
眩しいが暖かい。。

 

見晴らしのいい場所に出ると、
富士が綺麗に見えた。

清々しい朝の光景

ますます眩しくなる太陽

この日は終日太陽が優しく照らしてくれた
おかげで、
気持ちよく登山が出来た。

自然の温かみに敬意を表したい。

高度を上げると、富士の雄大さが増す

日本の盟主に相応しい堂々とした佇まい

 

絶景に目を奪われながらも、
尾根を一歩一歩突き進む。

 

西沢渓谷入口から6時間余りで
木賊山(とくさやま)2469mに到着。

甲武信岳までもう少し!

この日の山行はロングコースで、
通常1泊2日で登るコースだが、

何とか日が暮れるまでには下山したい。

稜線から甲武信岳が右手に見えてきた!
大きなピラミッドだなぁ。

 

稜線からは、八ヶ岳連峰も綺麗に見える。
天然の白い万里の長城のようだ。

 

 

南アルプス。
こちらも天然の白い城壁が連なる。

 

西沢渓谷入口から7時間。
13時に甲武信岳山頂に到着!

長かった〜

疲れを癒す素晴らしい眺望

甲武信岳からは43座の百名山が見えるほど、
眺望が良い。

食事を摂りながら、のんびり眺望を
楽しんでいたら、
14時15分を回ってしまった。

山頂で食べる「サッポロ一番みそラーメン」は、
メチャメチャ美味い!

この日の山行はロングだったので、
途中の休憩も含め、2回ラーメンを食べる。

極寒の山の中でのささやかな幸せ^^

日が暮れるまでに、
西沢渓谷入口まで辿りつけるのか?

急いで身支度を整え出発

傾いた午後の陽射しが射し込む樹林帯を、
サクサクと足早に下っていく。

パウダースノーなので歩きやすい。

 

午後3時を過ぎてここまでハッキリ 
富士山が見えるのは珍しい。。 

午後になると、雲がかかったり、 
霞がかかる事が多いが、この日は 
好天に恵まれ、終日眺望が良かった。

日が暮れるまでに山を下りたいけど、
こういう絶景を見てしまうと、
いつまでも眺めていたい。

天然の美術館にいる気分だ。

日暮れ前の富士。
時々、動物の鳴き声が聞こえる。
侘しい雰囲気の夕暮れ

結局、駐車場に着いたのが17:45。
すっかり日が暮れ、辺りは真っ暗。

登りには気がつかなかったが、
登山口に社を発見。
山の神に無事を報告し、
この日の山行を終える。

今回も無事に山行を終えられてよかったー!

帰りはみとみ笛吹の湯で汗を流す。
山梨は温泉が多いので、登山後の楽しみも多い。

疲れた身体を温泉で癒す。

湯船にゆっくり浸かっている瞬間が、
登山最大の喜びだ^^

西沢渓谷は紅葉がすごく綺麗なので、
次は秋に訪れたい。

今回のコースタイム

S &Gと書いてある西沢渓谷入口から
紫で太くマーカーされている
徳ちゃん新道→木賊山→甲武信ヶ岳→木賊山
→徳ちゃん新道→西沢渓谷入口が今回歩いたルート

※地図はヤマプラの山行計画のページから引用

休憩、撮影時間全て込みの雪山コースタイム

上り
6:00西沢渓谷入口発
12:20木賊山
13:01甲武信岳
7時間1分

下り
14:16甲武信岳発
14:47木賊山
17:45西沢渓谷入口
3時間29分

トータル10時間29分

ちなみにこのルートは、
夏でも通常1泊2日のルートです。

雪山は夏山の1.5倍くらい時間がかかります。
健脚でない限り、日帰り登山はオススメしません。

以上

過去のオンライン登山はこちら

LEAVE A REPLY

*