オンライン登山

Category
オンライン登山 夏の天狗岳(八ヶ岳)編

オンライン登山 夏の天狗岳(八ヶ岳)編

今回のオンライン登山は、八ヶ岳連峰の天狗岳です。 天狗岳には2016年に登ったんですが、 その時は天候不良で中山峠で下山。 今年の2月にも、中腹のみどり池まで登りましたが、 ガスってて天狗岳を望む事は出来ませんでした。 今回3度目の正直で、勇ましい天狗岳の双耳峰を 望む事が出来ました! 天狗岳の迫力ある山容はもちろんの...
オンライン登山 初夏の奥秩父山塊編(18/6/9)

オンライン登山 初夏の奥秩父山塊編(18/6/9)

梅雨の合間に、奥秩父山塊(おくちちぶさんかい) の最高峰 北奥千丈岳、国師ヶ岳、朝日岳、金峰山に 登ってきました。 奥秩父山塊とは、長野、埼玉、山梨の県境に またがる山地で、主脈の北奥千丈岳、国師ヶ岳、 朝日岳、金峰山あたりは2500mを超えます。 アクセスもよく、2360mの大弛峠(おおだるみ) まで車で行けるので、...
オンライン登山 富士山(富士宮&御殿場 宝永山)18/05/26

オンライン登山 富士山(富士宮&御殿場 宝永山)18/05/26

今年1発目の富士登山は、富士宮ルートで登り、 下りは御殿場ルートで宝永山を経由して、 富士宮口に戻る行程で、富士を楽しみました。 富士宮ルートは、最短で富士に登る事が出来、 宝永山を経由した御殿場ルートは、 ダイナミックな富士を堪能出来るので、 上りと下りで、それぞれのルートの いいとこ取りが出来るオススメな行程です。...
オンライン登山 大菩薩嶺編(2018/4/30)

オンライン登山 大菩薩嶺編(2018/4/30)

G.W前半の4月最終日 大菩薩嶺(だいぼさつれい)に登ってきました。 今回もいつものごとく夜明け前に登山口を出発し、 大菩薩嶺山頂直下からの夜明け前の富士や満月と 南アルプスのコラボ写真、 日本百名山日の出シリーズの朝陽など。。 夜明け前後にしか撮れない 壮大な絶景を収めました^^ 大菩薩嶺から大菩薩峠にかけては、 特...
オンライン登山 冬の四阿山編

オンライン登山 冬の四阿山編

今回のオンライン登山は、日本百名山の ひとつでもある、四阿山(あずまやさん) ・地球にいる事を実感する、 神秘的な日の出前の「青とオレンジの世界」 ・2300mから見下ろす天空の山岳風景 ・快晴の日の出から一転 吹雪で寒々しい雪原 などなど 日の出後に天気が急変し、 様々な顔を見せる四阿山の写真と共に、 登山行程を振り...
オンライン登山 冬の黒斑山、蛇骨岳(浅間山外輪山)編

オンライン登山 冬の黒斑山、蛇骨岳(浅間山外輪山)編

2018年の登り初めは、浅間山外周にある、 黒斑山(2404m)と蛇骨岳(2366m) に登りました。 夜明け前から10時頃までは、ガスって何も 見えなかったが、10時を過ぎてから、 ガスが晴れ、青空をバックに、富士山の ような雄大な浅間山を撮る事が出来ました。 浅間山の写真はもちろんの事、稜線から 見えた北アルプス北...
オンライン登山 雲取山編(2017/12/22.23)

オンライン登山 雲取山編(2017/12/22.23)

雲取山とは、東京で一番高い山であり、 標高が2017mという事で、2017年と掛け合わせ、 雲取山yearとして注目された山です。 2010年に登山を始めた時に、初めて自分の意思で 登った山が雲取山。以来10回以上登っています。 2017年の登り納めは、そんな馴染みある 雲取山に登ろう!っという事で、 12/23に登っ...
オンライン登山 冬の蓼科山編(2017/12/16.17)

オンライン登山 冬の蓼科山編(2017/12/16.17)

今シーズン最初の雪山は、 蓼科山(たてしなやま)に登りました。 蓼科山は、長野県の北八ヶ岳連峰の最北端に そびえる標高2530mの山。 すずらん峠の女神茶屋登山口からの ルートであれば、トレース(踏み跡)も しっかり付いているので、苦労なく登れる。 本格的な雪山気分も味わえるので、 最初の雪山にはちょうどいい山です。 ...
オンライン登山 晩秋の御岳山(東京)、大岳山編

オンライン登山 晩秋の御岳山(東京)、大岳山編

四季折々の自然が楽しめる御岳山。 今回のオンライン登山は、11月に登った 晩秋の御岳山~大岳山の写真を まとめました。 以前発表した オンライン登山 夏の御岳山(奥多摩)前編 オンライン登山 夏の御岳山(奥多摩)後編 とは、全く違った印象なので、読み比べて みると面白いと思います。 ・陽射しに照らされ、真紅の輝きを放つ...
オンライン登山 富士山吉田口ルート(馬返一合目から)後編

オンライン登山 富士山吉田口ルート(馬返一合目から)後編

オンライン登山 富士山吉田口編 (馬返し一合目から)後編は、吉田口六合目~ 山頂~富士山スバルライン五合目までの行程を、 読者の方と共有したいと思います! 前編の吉田口六合目までは、晩秋の季節感と、 富士登山の歴史ロマンを感じるノンビリとした 行程でしたが、六合目から上は、富士山の 自然の厳しさ、雄大さを感じる行程です...